button

合宿免許で運転免許を取得する

合宿免許とは何かについての解説、合宿免許のメリットとデメリット、無料でできる資料請求やオススメの仮申込み先の紹介、合宿免許へ参加が最適なケースのケーススタディ例が主な内容になります。


目次

時間的な余裕がないから合宿免許で運転免許を取る
合宿免許とは?
合宿免許で運転免許を取得したほうが良いかについての考察
車を使う仕事がしたいから合宿免許で免許取得
車を運転できる年齢になったからグループで合宿免許に参加
免許合宿で短期間で免許を取得
就職先が決まったから卒業前に免許合宿で免許を取る
サークルの仲の良いメンバーで合宿免許に参加
学生のうちに合宿免許で免許取得
トラック運転手になりたいから合宿免許で中型免許を取る
仕事を辞めたので再就職する前に運転免許を取得
都会生活に疲れたので田舎の合宿免許に参加してリフレッシュ
合宿免許で免許取得の費用を安く抑える

時間的な余裕がないから合宿免許で運転免許を取る

運転免許を取得しないまま卒業間近の時期に

気がついたら卒業間近になっていた
気がついたら卒業間近になっていた

いま俺は大学4年生なんだけど、1~2年生の頃はサークル活動がおもしろくて熱中していて、一方、3年生からはゼミで、それなりに一生懸命に勉強してた。

他にアルバイトもしていて、いつの間にか年月は経ち、4年生になっていたような感じなんだ。

それで、よく考えると周りの奴らは1・2年の頃から近くの自動車学校に通って運転免許を取得していたんだけど、俺の場合は、免許を取るタイミングを完全に逸したような具合。

で、もう4年生なんだけど、社会に出るにあたって、免許は絶対に取得しておきたいんだ。

自動車学校に何ヶ月も通うような時間的な余裕がない

通いでは教習の予約を入れずらい場合も
通いでは教習の予約を入れずらい場合も

だけど、それにしても、今から自動車学校に何ヶ月も通うような、時間的な都合がつかないんだよ。

近所の自動車学校に通った友達に聞いたら、なかなか教習の予約を入れられなくて、1年がかりで免許を取得したり、最初はMT車の教習を受けていたけど、内容に付いていけなくて、途中からAT車に変えちゃったっていう奴がゴロゴロいる。

最後の長期休暇に合宿免許で免許を取ることにした

大学の活動や、就職関連、アルバイトで時間の奪い合い
大学の活動や、就職関連、アルバイトで時間の奪い合い

それで、大学の講義、ゼミ活動、サークル活動、就職先関連、アルバイト先で時間の奪い合い状態の俺だから、自動車学校に通う時間を捻出できなくて、最後の長期休暇の期間に、合宿免許運転免許を取得することにした。

それは、近所の自動車学校に通って、毎回、教習の予約をして“細く長く”通うんじゃなくて、免許合宿で集中的に教習を受けて、いうなれば“太く短く”教習を受けることによって、大学4年生の過密ぎみのスケジュールの中、卒業する前に何とか免許を取得しておこうってわけなんだ。

それで、実際に合宿免許に行った体験談を書かせてもらうと、かなりよかったんだよ。

田舎の教習所は空気がきれいで、観光地的な楽しみも

空気が綺麗なのは田舎の魅力
空気が綺麗なのは田舎の魅力

実際に行った免許合宿先は、すごい田舎で、高原の上にある自動車教習所(一番下のリンク先から請求したら無料で送られてくる資料の合宿免許先に含まれている、えびの高原ドライビングスクール(宮崎県))だったんだけど、こっちは都市部の大学で一人暮らしをしていたから、まず、その環境のギャップが大きかった。

そこは空気がきれいで、田舎の人たちは素朴で、都会的な便利な生活があったわけではないけど、都会にはない、田舎ならではの楽しみもあったりしたんだ。

教官の指導は厳しくて、中には本当に怖い人もいたけど、それも、徐々に慣れていくんだよね。それで、教習の後半期には逆に仲良くなっていたりしてね。

同期の人たちと仲良くなり、一緒に散策をする機会も

ウマの合う人とは仲良くなる機会も…
ウマの合う人とは仲良くなる機会も…

食事とかは同じ時期に免許合宿に来ている人たちと一緒だから、少し話をして、ウマが合う人たちとはちょくちょく会話をするようになって、色々な話ができて楽しかったよ。

また、自動車学校(教習所)では、地元から通いで来ている人と知り合って、俺が知らない、地元の話とかをしてくれて、とても興味深かったし、為になる話もたくさん聞けたんだ。

近くの牧場で働いている人が、通いで運転免許を取りに来たりしてたんだよ。

仲良くなった人とは、近所にある歴史資料館や田んぼのあたりを散策したりした。

午後7時には周辺の家々が全部消灯して真っ暗

本当の田舎は消灯が早く街灯も点かない
本当の田舎は消灯が早く街灯も点かない

でも、その地方は本当の田舎で、午後7時くらいになると集落の家々が全部消灯して驚かされもした。

自動車学校で自転車を貸してくれるから、それで近所や教習コースを散策したんだけど、夜になったら真っ暗で、それで、街灯も点かないから、辺りが本当に真っ暗で、免許合宿先の宿舎に帰れなくなって困ったんだ。

あと、これは運や合宿免許にいく時期も影響するんだろうけど、俺が行ったときは、かわいい女子学生や、すでに社会に出ている女の子たちと時期が一緒で、話ができるようになって、一緒に近くに遊びに行ったりできたのはいい思い出だったよ。

近所の自動車学校に「細く長く」通うか、「太く短く」の合宿免許か?

「細く長く」通学か「太く短く」合宿免許か?
「細く長く」通学か「太く短く」合宿免許か?

なんにしても、近くの自動車学校に通う場合、細く長く教習の予定を入れるスタイルになりがちだから、そういう時間的な余裕がない場合、合宿免許で免許を所得するのがとても便利なんだ。

実際、そうしないと在学中に免許を取れないで、そのままになってしまう場合も少なくないと思う。

つまり、社会人になってしまうと、学生時代よりもスケジュールに自由が利かなくなって、運転免許を取得する機会を完全に逸してしまうような事態になりかねないんだ。

都市部では、電車や地下鉄のような交通網が発達しているから、職種によっては、運転免許が無くても問題ないんだけどね。

運転免許の有無は就職関係に影響する

免許の有無は転職にも影響
免許の有無は転職にも影響

就職して社会に出た後も、こんなご時世だから、将来は他の会社に転職することになるかもしれないし、その時、免許がなかったら、とても不便なことになるのは明白なんだ。

車を運転する仕事はできないから、転職する際の仕事・職種自体が限られてくるしね。

また、運転免許証は身分証明書にもなるから、その面でも、免許を取得しておかないと不便なことになる。

パスポートでも代用することはできるけど、サイズ的に、運転免許証は名刺ケースに入れられる一方、パスポートはかさばって携帯するのには不便なんだ。

時間的な余裕がない場合は合宿免許がおすすめ

時間がない場合は合宿免許へ
時間がない場合は合宿免許へ

というわけで、運転免許は学生の内に取得するべきなんだ。

それで。時間的に余裕があるなら通える範囲内の自動車学校に通えばいいし、時間的な余裕がない場合、合宿免許に行くと短期間で免許を取得できるからおすすめなんだよ。

合宿免許とは?

全国各地の宿泊に対応している自動車学校教習所)において、学校近辺で寝泊まりしながら教習カリキュラム中心の生活を送ることにより、合理的かつスムーズに運転免許を取得するシステムのこと。

自動車学校ごとに、また、コースにより、ホテル旅館などに泊まりながら教習を受ける。

合宿免許のデメリット

合宿免許では教習中心の生活に…
合宿免許では教習中心の生活に…

・3週間から1ヶ月間位の予定を空ける必要がある。(長期休暇期間など)

教習カリキュラム詰め込み気味となる。

そのため、教習生によっては、MT車からAT車に転向したり、免許取得後、運転に慣れるまでに不安な気持ちになる場合がある。

女性にとっては快適でない環境である場合がある。

半グレ的な教習生、高圧的な教官、グループで来ている教習生集団によるしつこいナンパなど。

対策:女性に配慮した合宿免許先を選ぶ。普通に自動車学校に通って、あるいは通合宿で運転免許を取得する。

合宿免許のメリット

合宿先によっては自然と親しむ機会がある
合宿先によっては自然と親しむ機会がある

集中して教習を受けることができるので、短期間で運転免許を取得することができる。

具体的には、普通オートマ(AT)車で最短13日間から、普通ミッション(MT)車で最短15日間からの期間での免許の取得が可能。

一方、自動車学校教習所)に通う場合は、スムーズに教習を受けられた場合で1~2ヶ月前後、また、長期休暇期間などの繁忙期においては教習の予約が取りづらく、3ヶ月から半年前後かかる場合が珍しくない。

・運転免許の取得に必要な費用が安い。

合宿免許には、教習宿泊食事交通費が含まれたパック料金が設定されており、また、多くの教習所では教習における補修(延長)分も保証されている(延長保証、パック料金に含まれる)。

それで、その費用については、通いで自動車学校の教習を受ける場合と比べて割安感のある金額となっている。

これは、少子化と過疎化の影響で、田舎の教習所では地元からの通いの教習生だけでは存続できないためだと考えられている。

つまり、遠方の教習生を呼び込むため、合宿免許のシステムを導入し、また、料金割安感のある金額に設定されているということ。

なお、通学して教習を受ける場合、多くの自動車学校では、補習を受けるために数千円の追加費用が必要となる。

・免許合宿先で観光を楽しむことも可能。

各合宿先のロケーションにより、自然豊かな地域であったり観光地である場合がある。

具体的には、沖縄京都のような観光地や、自然豊かな地域にある自動車学校(教習所)を合宿先として選んだとする。

その場合、合宿免許なので教習中心の生活だが、カリキュラムにおいて空いた時間は必然的に生まれるので、その時間に名所巡りや、散策などをして自然と親しむ楽しみがある。

無料で資料請求&仮申込みができる『免許の匠』

『免許の匠』で無料で資料請求&仮申込み
『免許の匠』で無料で資料請求&仮申込み

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校(北海道から沖縄県までの102校(確認時点))と提携していて、無料で資料請求をしたり、合宿免許の仮申込み(キャンセル無料)をすることができる。

また、激安プラン(普免取得の最安値は178,800円(税込、確認時点))や格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができる。

女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むことができる。

急いでいる場合は、サイト上で免許合宿先の情報やプランをよく吟味して、その場で仮申込み(無料でキャンセル可能)をすることもできるので、『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

合宿免許で運転免許を取得したほうが良いかについての考察

合宿免許で運転免許を取得したほうが良いのかどうかはケースバイケース

結論から書くと、合宿免許で運転免許を取得したほうが良いのかどうかについては、ケースバイケースだといえる。

高校の3年次に、気が早い同級生は教習所に通い始めていたし、18〜22歳くらいが、いうなれば運転免許取得ラッシュの時期なんだと思う。

高卒で就職したり、地元の専門学校や大学に進学した場合、バスや電車で教習所に通って、半年から一年間くらいの期間をかけて免許を取得したり、あるいは、途中で挫折しちゃったりする人がざらにいる。

もっとも、中には、地元で就職したり進学していても、出会いを求めていたり、気分転換や刺激を求めて、あるいは、短期間に集中したくて、免許合宿を選ぶ人たちもいる。

地方の高校を卒業して首都圏の学校に進学した場合は合宿免許が多い

また、地方の高校を卒業して、首都圏の学校に進学して一人暮らしをはじめた様な場合は、その地元が関東圏でない限り、合宿免許で運転免許を取得する可能性がとても高くなる。

なぜならば、例えば大学生だと、長期休暇が長くて2ヶ月間位なので、(長期休暇中に)地元の教習所に通って免許を取るには期間が足りないし、現在ではアルバイトをしながら学校に通っている大学生がとても多いので、一人暮らしをしている地域の教習所に長期間通うのも容易ではないからだ。

それに、大学に進学すると、クラスやサークルで友達ができる場合が多いので、仲が良くなった友達と何人かで合宿免許に参加したら楽しそうだし、1人で参加するよりも安心だという発想になる。

長期休暇中に友達と合宿免許に参加して1ヶ月前後で運転免許を取る

だから、首都圏の大学に進学して一人暮らしをしている学生としては、講義のない長期休暇中にアルバイトを(辞めるか)休んで、仲が良くなった友達と一緒に合宿免許に参加して、せいぜい1ヶ月〜1ヶ月半位で運転免許を手に入れる、というのが常識的な行動だといえるのだろう。

この時期に運転免許を取得しておかない場合、次の大きなチャンスは4年次ということになる。

3年次までに必要な単位をあらかた手に入れておいて、また、就職先が決まるなどして就職活動が終了していた場合、4年次の1年間は自由に使える時間が豊富にあるので、教習所に通ってでも、合宿免許ででも運転免許をゲットできるはずだ。

社会人になったら運転免許を取る時間的な余裕がなくなる

ところで、社会人として働き始めたら、途端に、運転免許を取るような時間的余裕がなくなることに注意が必要だ。

なぜならば、正社員であれ派遣社員であれ、あるいは、フリーターであれ、基本的に、労働者には長期休暇はないからだ。

だから、合宿免許に参加して運転免許を取得するチャンスは、学生のうちか、会社を退職するなどした失業中の期間にしか無いのだといえる。

そして、労働者として働きながら免許を取る場合は、残業がどれくらいあるかにより、免許取得が可能か不可能かを推し量ることができるだろう。

失業期間中が免許を取るチャンス

冗談でも何でもなく、毎日、朝から働きはじめて深夜まで残業していて、さらに週休一日の企業で働いている場合、(物理的に)教習所に通って運転免許を取ることはできない。

その場合は、すでにその企業で働いているのだから、運転免許が必要のない仕事をしているのだろうし、運転免許(普免)を取得する次のチャンスは、その会社を退職したあとに訪れるといえるだろう。

つまり、失業期間中に短期間で免許を取るのが理想的だが、その場合、やはり合宿免許に参加すると3週間から1ヶ月位で免許が取れるので…

(免許を持っていない人が)会社を退職したなら、早く再就職しなければならないのだし、失業期間中に合宿免許でちゃちゃっと運転免許を取得して、スムーズに再就職・再就職活動に移行できたら理想的だろう。

合宿免許なら『免許の匠』で資料請求&仮申込み

全国102校と提携している『免許の匠』では無料で資料請求・仮申込みが可能
全国102校と提携している『免許の匠』では無料で資料請求・仮申込みが可能

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校と提携していて、無料で資料請求をしたり、合宿免許の仮申込みをすることができる(仮申込みはキャンセル無料)。

サイトでは、最安値178,800円(税込)からの激安プラン(普通免許の場合、確認時)や、空き速報、卒業生による各学校の口コミ体験談などを確認することができる。

また、右サイドバーからは、仮免入校ができる、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、シニアにおすすめ、などの各特集ページへのリンクがあるので、興味のあるキーワードがあったら要チェック。

無料の資料請求で送られてくる合宿免許教習所については、北海道の中央バス自動車学校、帯広第一自動車学校から沖縄県の名護自動車学校、北丘自動車学校まで102校が含まれている。

なお、二輪車の場合も、99,900円からの激安プラン(確認時)があり、普通車と普通二輪車の他、大型二輪車、中型車、大型車、大型特殊車、けん引車、普通二種車、中型二種車、大型二種車の免許合宿プランにも対応している。

入校時期や価格、相部屋か個室かなど、プランの内容&条件をサイト上でよく確認してから申し込むことができる。

まずは(無料の)資料請求をして、免許合宿の情報が満載されたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むことができるし、サイト上で(キャンセル無料の)仮申込することもできるので、『免許の匠』をおすすめする。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

車を使う仕事がしたいから合宿免許で免許取得

運転免許を取得すればタクシーの運転手になることも可能
運転免許を取得すればタクシー運転手になることも可能

運転免許を持っていないけど不便を感じたことはなかった

私は、大学卒業後、都内のメーカー系企業に就職して働いてきました。

だから、私は運転免許を持っていませんが、今まで、移動や交通で不便を感じることはありませんでした。

東京は、山手線や京王線、中央線、総武線、都営地下鉄など、交通網が日本一発達しており、自動車を運転しなくても、通学・通勤で移動するための手段が不足なく用意されているからです。

私自身、通勤で京王線や山手線を乗り継いで会社に出勤し、商談では地下鉄などにも乗り、そして、複数の路線を日常的に乗り換え、社会生活を送ってきました。

しかし、以前から、勤めている会社の業績は悪化しており、また、最近、私と同世代の社員の「リストラ」がはじまりましたので、にわかに、学生の頃に運転免許を取得しておかなかったことを後悔するようになってきました。

リストラが始まって免許の必要性を痛感

学生時代は自由な時間が存分にありましたので、学業の空いた時間に自動車学校に通ったり、長期休暇中に免許合宿に行ったりして、短期間で免許を取得するようなことは容易だったからです。また、同じクラスの友人たちの多くは、そういう風に在学中に運転免許を取得していました。

一方、現在の私はというと、社会人として朝から夜中まで働いていますので、運転免許を取るための時間を確保することができないというのが実情です。

しかし、現状として、勤務先では同期社員のリストラが始まっていて、また、次々と会社を去り始めていますので、早晩、自分の順番が来るだろうと考えているわけです。

幅広い職種で仕事を探すには運転免許が必要

そして、リストラされた場合、今までは、新卒からメーカー系の企業で働いてきましたら、その方向で求職する考えはあるのですが、なにぶん不景気ですので、今度は(タクシー運転手などを含めた)広い視野で仕事を探そうと考えているという次第です。

ハローワークの求人などに目を通すと、大型トラックのドライバー(中型免許か大型免許が必要)やタクシー運転手を始め、運転免許がなくてはできない仕事、逆に、運転免許を取得することにより従事できる仕事がかなり沢山あることがわかります。

まとめると、私は新卒でメーカー系の企業で働きはじめて、現在までのキャリアはその一社です。だから、学生時代に運転免許は取得しませんでしたが、都内は交通網が発達しているので不便に感じることはありませんでした。

ところが、最近、不況・業績不振の影響から社内でリストラが始まり、その魔の手が私にまで及びそうな状態になっています。リストラされた場合、運よく今と同じような職種に就ければいいですが、今は業界全体が厳しい状態ですので、運転免許が必要な職種を含めた広い視野での求職を考えています。

だから、リストラされた場合に備えて運転免許を取得したいわけです。

しかし、現在は十分な時間が確保できませんので、(リストラされて)今の仕事をやめた後、すぐ免許合宿に行って、短期間で免許を取得しよう、そして、新しい仕事も短期間で見つけようと考えています。

車を使う仕事(タクシー運転手など)に就くための免許合宿は『免許の匠』

『免許の匠』で希望する免許に対応した合宿免許プランを確認
『免許の匠』で希望する免許に対応した合宿免許プランを確認

『免許の匠』は、免許合宿プランのある日本全国の102校(確認時点)の自動車学校と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができる。

また、タクシー運転手になりたいなどの場合の普通免許の他、大型トラックのドライバーになりたいなどの場合、大型免許や中型免許、あるいは特殊な免許についても、その免許に対応した免許合宿について『免許の匠』サイト上から確認することができる。

他に、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むことができるし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることもできるので、『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

車を運転できる年齢になったからグループで合宿免許に参加

運転できる歳になったから友達と合宿免許に参加して観光や田舎を楽しみたい
運転できる年齢になったから友達と合宿免許に参加して観光や田舎を楽しみたい

車を運転できる年齢になったので運転免許を取りたい

最近、自動車を運転できる年齢になりました。

だから、すぐに運転免許を取得したいと思っています。

それで、高校生の頃から、バイトをして運転免許を取るための資金を貯めてきたので、今のバイト先には1ヶ月くらい休ませてもらえる様に頼んで、合宿免許で免許を取る予定です。

ちなみに、中学や高校生の頃から一緒に遊んでいる仲間(悪友たち)がいて、大体、似たような考えでいますので、仲良しグループで免許合宿に行く予定です(笑)

一緒に遊んでいる仲間たちと合宿免許に参加

みんな若いので、合宿免許での出会いも求めていますが、最近は、(合宿免許先で)強引なナンパで女の子に不愉快な思いをさせる輩が多いらしいので、みんな、「出会いはウェルカムだけど、相手が嫌がることはやめよう」という考えで意見が一致しているところです。

また、僕たちの興味は、異性との新しい出会い&ナンパのことだけではなくて、観光を楽しみたい気分も満々なんです。

みんな都会育ちですので、田舎の雰囲気や空気、歴史のある観光スポットに行くことも、免許の取得同様、すごく楽しみにしています。

出会いや田舎の観光を楽しみながら合宿免許で免許を取りたい

今まで、修学旅行などでしか、地方の観光地に行ったり、田舎の自然に親しむ機会がありませんでしたので。

まとめると、僕たちは自動車を運転することが出来る年齢になったので、中学・高校時代からの仲間たちと一緒に合宿免許に参加して免許を取りたいと考えています。

合宿免許先で、年齢の近い異性との出会いがあったら嬉しいけど、目的はそれだけじゃなくて、自分も仲間も都会育ちなので、地方(田舎)の名所や観光スポットにも行けたら嬉しいなと考えている状態です。

グループで免許合宿に参加して田舎や観光、そして新しい出会いを楽しむ

グループで合宿免許に申し込むなら『免許の匠』で資料請求&仮申込み
グループで合宿免許に申し込むなら『免許の匠』で資料請求&仮申込み

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校(102校、確認時点)と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができる。

また、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

なお、グループで合宿免許に参加する場合は、大人数でも入校可かどうか、および、合宿先の部屋が個室か相部屋かどうかの確認は必須だといえる

異性との出会いもあるかも知れないけど、強引なナンパはくれぐれも控えなければならない。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むこともできるし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることもできるので、『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

免許合宿で短期間で免許を取得

運送会社では中型か大型の免許が必要かも…
運送会社では中型か大型の免許が必要かも…

「お前、運転免許持ってないだろ」 by 社長

実家住みで、数年前からネトゲにはまってしまって、長らくひきこもり状態(もちろん無職)が続いて来たんだけど、先日、やっと仕事に就けました。

というか、運送会社の面接にいったら、社長に「お前、運転免許持ってないだろ」って言われたんだけど、よく考えたら運転免許を持ってないし、それなのに、何で運送会社の面接を受けに行ったんだって感じ。

その社長も、履歴書を確認してから変な顔をしていたんだけど、こっちは何とか無職&ひきこもり状態から脱出したいから、「熱意はあります!」的なことを延々と喋り続けていたら、むこうが根負けしたのかどうか、その社長に「運転免許を取得したら雇ってあげる」って、面接の終わり頃に言われたんだ。

短期間で運転免許を取得したいから合宿免許で取る

それで、「俺やったじゃん!」って感じで嬉しかったんだけど、よく考えたら、近所の教習所に通った場合、運転免許の取得に数カ月から半年くらいかかるんだよね。

それで、短期間で運転免許を取得して、社長に忘れられないうちに就職したいから、合宿免許で免許を取ることに決めた。

ぼくは集団生活が苦手な方で、むしろ、だから実家でネトゲ三昧&ひきこもり状態を続けてきた面もあるんだけど、今回は、自動車学校に通う時間的な余裕がないから、あえて免許合宿に行く予定。

で、とりあえず、免許合宿の資料請求をして、空気のきれいな田舎のロケーションで、個室のある教習所を探すつもりなんだ。

ぼくは協調性がないから、相部屋は耐えられないんだよね。だから、個室がない合宿免許には絶対参加しないし、他の参加者とコミュニケーションを取らなくちゃならないのが、今からとても憂鬱。

ひきこもり期間が長くて空気が読めないから、変なことを言ったりしないかなって…。

だけど、早く運転免許を取得しないと、社長に就職の約束を忘れられそうだし、そうしたら、ひきこもり状態から脱出できなくなるんだ。だから、合宿免許に参加して免許を取得するのが一番手っ取り早いから、我慢して合宿免許に行くことに決めたんだ。

短期間での免許取得は『免許の匠』で資料請求&仮申込み

短期間で免許を取るなら『免許の匠』で合宿免許プランを確認
短期間で免許を取るなら『免許の匠』で合宿免許プランを確認

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校(102校、確認時点)と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができる。

また、短期間での免許取得が重要な条件である場合は、『免許の匠』サイト上で、目安となる、免許取得に必要な日数を確認することができる。

なお、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むこともできるし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることもできるので、『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

就職先が決まったから卒業前に免許合宿で免許を取る

就職先は決まったから卒業前に免許を取って社会へ向かって走り出す
就職先は決まったから卒業する前に運転免許を取って社会へ向かって走り出す

新卒就職活動の解禁時期変更では翻弄されたけど、やっと新卒でエントリーしていた企業の内定が取れました。あとは大学の卒業を待つだけの状態です。

ありがとう!

これまで勉強ばかりしてきたわけでは決してないけど、むしろ、友達と遊びに行っり飲みに行った経験ばかりが思い出されるけど、社会生活を送る上では、ガリ勉的な頭でっかちな知識よりも、足を使って遊びに行った経験が活きてくるだろうと信じています。

卒業前の今頃、まだ運転免許を取得していないことに気づいた

ところで、一度面接でも聞かれたのだけど、(内定が決まって)大学を卒業する前のドタバタした今頃になって、まだ運転免許を取得していないことに気付きました。

それで、同じ学年の友達に聞くと、みんな、1年生か2年生の時に、近所の自動車教習所に通ったり、サークルとかの仲の良い友達と免許合宿に行って、すでに運転免許を取得しているよ、という反応です。

私自身は、やっと内定を取ったところで、後は卒論を出したりする他、大学にも卒業まであまり用事がありません。

「卒業前に運転免許を取っておかないと就職後にチャンスはない」 by 先輩

だけど、今頃から、内定した企業の研修がはじまる頃までの期間に、つまり、卒業する前に運転免許を取得しておかないと、免許を取得する時機(チャンス)を逃すような予感がするので、私としては、この期間を「最後のモラトリアム期間」と捉え、新社会人としての生活がはじまる前に、合宿免許で免許を取得しておくことにしました(もちろん、これは友達から聞いた情報の受け売りです)。

リクルート先の先輩によると、大学を卒業して企業に働き始めると、合宿免許でも通い免許でも、(リストラされない限り)そんな時間を捻出することはできないらしいので、本当に、就職先が見つかってまだ卒業していない今の時期が、運転免許をゲットする最後のチャンスのようです。

もっと早い時期に大学の友達と合宿免許に行っていたら、観光レジャー気分も味わえて楽しかったかもしれないけど、運転免許を持っていない新社会人になるよりかは、卒業する前に一人で免許合宿に参加して、しっかり運転免許を取得しておく方がずっと望ましいことだろうとの考えからです。

卒業前の合宿免許は『免許の匠』がおすすめ

就職先が決まってからの合宿免許は『免許の匠』
就職先が決まってからの合宿免許は『免許の匠』

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校(102校、確認時点)と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができる。

また、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むこともできるし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることもできるので、『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

サークルの仲の良いメンバーで合宿免許に参加

サークルで仲良くなったみんなで一緒に免許取得
サークルで仲良くなったみんなで一緒に免許取得

サークルで仲良くなった男女で合宿免許に参加

ある大学に入学して、また、文化系のサークルに入って、やっと慣れてきた1年です。

せっかく友達ができたから、サークルで知り合って、仲が良くなった同じ1年生の男女で一緒に、運転免許を取得するために合宿免許に参加しようという話になっています。

実際、サークルに入って半年前後で、雰囲気はすでに「予定調和」で「マンネリ」なんですよね。

最初は、新歓コンパとかがあって楽しかったけど、月日が経過して周りが見えてくるようになると、それに従って、新鮮味が失われていったんです。

大学生活全般が、「予定調和」であったり「マンネリ」なものになってきたようにさえ感じます。

これって、「5月病」なんですかね?

よく考えたら、サークルの先輩も、同じクラスの友達も、サークルの同期の友達も、自分と同じ様な感じで、考え方も似ているから、新歓コンパの頃のような刺激や新鮮さを、いつまでも維持しようと考えること自体、土台無理な話なんですよね。

社会人には運転免許が必要なので合宿免許で免許取得

それでも、せっかく同じサークルの仲の良い男女で「仲良しグループ」ができましたし、社会人になったら運転免許は必要になり、どうせ取得しなければいけないものだから、仲の良い友達同士で、合宿免許で免許を取得することに決めました。

普段はサークルのボックスや、マンションやアパートの友達の部屋で雑談したり飲んだりしているのに対して、合宿免許にサークルのみんなで参加すると、凄い田舎の生活を体験できたり、仲の良い友達と一緒に旅行気分も味わえそうなので、そういった方面の期待も少しあります。

それで、免許合宿の教習を受けるロケーションや、周囲にどんな観光スポットがあるか、また、部屋が個室か相部屋かどうか、それに部屋割りはとても重要なことなので、まず資料請求をして、みんなで内容をしっかり確認してから申込みをしよう考えています。

『免許の匠』で資料請求&合宿先を検索

資料請求&合宿先を検索できる『免許の匠』
資料請求&合宿先を検索できる『免許の匠』

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校(北海道から沖縄までの102校、確認時点)と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができる。

また、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェックだ。

なお、サークルの仲のよいメンバーで合宿免許への参加を検討する場合は、大人数でも入校可かどうか、および、部屋が相部屋か個室かなどの条件の確認は必須だといえる。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むこともができるし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることもできるので、『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

学生のうちに合宿免許で免許取得

時間の融通が利く学生のモラトリアム期間中に免許を取る
時間の融通が利く学生のモラトリアム期間中に免許を取る

昨年は、新歓コンパ生活環境の変化に対応するためにバタバタしている間に一年が終わってしまって、やっと大学生活にも慣れてきて、落ち着いてきたところです。

それで、いま大学2年生なんですが、来年はゼミや就職活動の準備が始まるので、「実質、今年が(学生としての)本当のモラトリアム期間だね」なんてことを友達と話しているような具合です。

アルバイトも、学生が起業するみたいな挑戦も、サークルも、あとお笑い芸人になりたいとか、色々な思いがあるんですが、就職活動が本格化したら自由な時間が制限されるので、やるべきことは今年やっておかなければならない、という感じでしょうか。

今年、運転免許は取得しておこう

例えば、「今年やっておくべきこと」の一つとして、今年、運転免許は取得しておこうと決心しました。

それは、サークルに運転免許を取らないで就職活動に突入した先輩がいて、その人の話を聞いていたからです。

それで、春休みや夏休みのような長期休暇中に運転免許を取得したいので、短期間で免許を取得できる合宿免許のサービスの利用を考えています。

費用が安い合宿免許で長期休暇中に免許取得

また、合宿免許だと自動車学校に通うよりも費用が安いので、それも合宿免許を選択した大きな動機となっています。

しかし、正直、一人で免許合宿に参加するのは心細いし、DQNに絡まれないか怖くもあるので、同じ学生サークルに所属する仲の良い友達に声をかけて、数人で参加するように工夫しました。

一人だと「ぼっち」で心細いけど、見知った友達と一緒だと「快適な環境」を構築することができそうなので(笑)

サイト&資料の内容を確認して免許合宿先を検討

それで、検索して見つけた「免許の匠」という合宿免許のサイトで合宿先(自動車教習所)のロケーションや条件を確認して、また、パンフレット資料を請求して、各合宿先の付近の観光や名所、レジャー施設、教習の合間にどんなことを楽しめるのか、宿泊する部屋は個室なのか相部屋なのかなどを、友達と一緒にあれこれと検討しているところです。

具体的には、付近でレジャーを楽しめる施設があるか、観光が出来るようなロケーションかどうか、などは大切なポイントですが、大学が都市部にあるので、田舎の教習所でも気分転換になってよいよね、なんて話をしています。

学生のうちに免許を取得するなら合宿免許が短期間&格安料金

学生の内に免許を取るなら『免許の匠』で合宿免許プランを確認
学生の内に免許を取るなら『免許の匠』で合宿免許プランを確認

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校(北海道から沖縄までの102校、確認時点)と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができるので、資金に余り余裕がない場合は、この激安プランと格安プランの確認が必須だといえる。

また、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や料金、相部屋か個室かの部屋の条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むことができるし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることもできるので、学生のうちに免許を取得したいなら『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

トラック運転手になりたいから合宿免許で中型免許を取る

デコトラを運転するために必要なのは中型か大型の運転免許
デコトラを運転するために必要なのは中型か大型の運転免許

中型か大型の運転免許を取ってトラック運転手になりたい

トラック運転手になって「デコトラ」を運転たいんですわ。

デコトラ、派手でにぎやかで、カッコいいじゃないっすか?

中学の頃からビッとしてて、リーゼントにして、群馬では「ちょっと知られたモン」です。

で、高校に進んでから、トラック運転手になってデコトラを運転するって決めてましたよ。

派手で目立つことが好きなオレには、同じように派手で目立つデコトラがお似合いだって感じっす。

で、運転免許を持ってないんで、取得しなくちゃならないんですが、高校をやっと卒業できましたんで、今度は自動車教習所に入学って感じです。

自動車教習時への通いだと免許取得に時間がかかる

で、中高から付き会のある悪友どもに聞いたら、自動車教習所の「通い」だと、免許を取るのに時間がかかるらしいんですわ。

半年とか、頭悪い奴は一年とかかるらしいですわ。

で、オレは、そんなに待てませんので、悪友どもの何人かを巻き込んで、免許合宿に行こうと決意しました。

そっち(合宿免許)では、1ヶ月とかで免許が取れるらしいっす。

その代わり、AT落ち(MT車が難しいのでAT免許取得に目標を下げる)したり、結局、運転免許が取得できない奴も、たまにいるらしいっすけど(苦笑)

トラック運転手になってデコトラを運転したいから合宿免許を選択

とにかく、オレの場合はデコトラを運転したいから、つまりトラック運転手になるってわけで、中型免許か大型免許の取得を目指す予定です。

で、最初は運送会社でトラック運転手の仕事見つけて、そこで何年間か辛抱して、十分な資金を蓄えてから自分の「デコトラ」を手に入れますわ。

オレが「デコトラ」を優雅に運転して、道路沿いのギャラリーが圧倒されたり、感嘆の声を上げる姿が目に浮かぶようっす(笑)

オレは絶対に免許取りまっす!

まず中型の免許取って、トラック運転手になって、「デコトラ」運転して仕事しまっす!

トラック運転手になるには合宿免許で中型免許・大型免許を取得

『免許の匠』で中型免許・大型免許対応の合宿免許プランを検索
『免許の匠』で中型免許・大型免許対応の合宿免許プランを検索

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができる。

また、(デコトラなどの)トラック運転手になりたいなどの場合、大型免許や中型免許の取得に対応した合宿免許について、『免許の匠』サイト上から確認することができる。

他に、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むことができるし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることもできるので、『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

仕事を辞めたので再就職する前に運転免許を取得

仕事の幅を広げるために運転免許を取る
仕事の幅を広げるために運転免許を取る

運転免許を取らないまま就職

運転免許を取得していない状態のまま、新卒でIT系企業に就職したんですが、約1年で辞めました。

就職先は超絶ブラック企業で、毎日、朝の8時から深夜11時まで働かせられて、心身ともに疲弊して辞めたんですが、この件の詳細については、また別の機会に譲ります。

それで、今、失業給付の受給期間中なので、この期間中に運転免許を取得しておこうと考えています。

失業給付受給期間中に運転免許を取得したい

今から、運転免許を持っていない状態のまま、再就職のための求職活動を始めるよりも、先に運転免許を取得しておいて、その上で再就職のために活動を始めた方が、確実に応募できる仕事の幅が広がりますので。

運転免許メインの仕事だと、宅配業者タクシー運転手トラック運転手などがありますが、そういう、運転免許に全面的に依存している仕事ではなくても、例えば、営業の仕事をする場合でも、営業先や営業エリアを乗用車で回るような仕事の場合は、運転免許が必要になります。

それは、求人誌に目を通す際、職種が同じ営業の場合でも、仕事の内容によって「運転免許が必要な営業」と「運転免許が不要な営業」の2種類があることに気付かされますので、その事からわかるわけです。

失業給付の受給期間が3カ月間で、すでに1カ月が経過しましたので、あと2カ月間が残っています。

短期間で免許を取るために合宿免許を検討

それで、自動車教習所に通うと、免許取得のために半年くらいかかることが少ないようなので、(再就職のための活動に支障が出ないように)短期間で免許を取得するため、合宿免許への参加を検討しているわけです。

以前、免許合宿で運転免許を取った旧友に聞いたところ、合宿免許では、1カ月前後で試験に合格し、免許を取得できるそうなので。

繰り返しになりますが、私が新卒で就職した企業は、毎日、朝から深夜まで働かさせられるブラック企業でしたので、一年位で辞めました。

手早く運転免許を取得して速やかに再就職活動を再開したい

それで再就職先を探したら、(今までは意識していなかったんですが)運転免許を取得していないことが意外とハンデになることが判明したわけです。再就職先を探したら、営業の職種でも車の運転が必要な仕事がかなりの割合を占めますので。

それで、私の場合、手早く運転免許を取得して、(もうすぐ失業給付も切れますし)速やかに再就職のための求職活動を再開したいので、合宿免許のような「短期間で免許を取得できるサービス」は、願ったり叶ったりなわけです。

それで、いま、検索して出てきた『免許の匠』サイトの情報を吟味しているところです。

再就職のために『免許の匠』で短期間で免許を取得する

『免許の匠』で申し込んで短期間で免許取得
『免許の匠』で申し込んで短期間で免許取得

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校と提携していて、無料で資料請求をしたり、(サイト上で)合宿免許の仮申込み(キャンセル無料)をすることができる。

サイトでは、激安プラン(最安値178,800円(税込、確認時点)から)や格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができるので、資金に余り余裕がない場合は、この激安プランと格安プランの確認が必須だといえる。

また、(早期に再就職のための求職活動を始めたいなどの理由で)短期間での免許取得が重要な要件である場合は、運転免許の取得に必要な日数の目安を、サイト上から確認することができる。

女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や料金、相部屋か個室かの部屋の条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料の資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むことができるし、急ぐ場合はサイト上で情報を確認して仮申込することもできるので、『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

都会生活に疲れたので田舎の合宿免許に参加してリフレッシュ

空気のきれいな田舎で免許を取って精神的にもリフレッシュ
空気のきれいな田舎で免許を取って精神的にもリフレッシュ

学生なんですけど、田舎から都会に上京して数年が経過し、正直、精神的に疲れてきたなって感じています。

人が多すぎて、講義を受けるための通学で京王線や山手線に乗ると、時間帯によってはギュウギュウ詰めで、それだけで学校に着いた頃には精神的に疲労しているんですよね。

実際、電車に乗っていると、最近は怒りっぽい人や非常識な人が多いと感じますし、ラッシュ時間帯の車内はすし詰め状態で、モラルが崩壊している人、口臭や体臭がくさい人、挙動が不審な人など、百花繚乱の状態です。

それで、いつも自分自身がトラブルに巻き込まれないように気を付けてるんですけど、それだけで神経がすり減るような感じです。

また、都会の繁華街は空気が悪いみたいで、飲食店からなのかどうかはわからないですが、ある場所の一帯に行くと、「空気が臭いな」と感じることもたびたびありました。

繁華街にゼミやサークル単位で飲みに行くことになって、(呼び込みに)駅前で声を掛けられたのでついていったら、実は、チープな内装、かつ安いスナック菓子と薄い酎ハイ&サワーを出すだけの店で、他のテーブルの客も「詐欺られた感満々」で、(少数の店員と大勢の詐欺被害者という構図の中で)暴動が起きそうな雰囲気なのに、支払いだけは立派な金額を請求されたこともあります。

それに、(都会は)空を見上げると、星が全然見えないんですよね。

田舎ではきれいな星空を当たり前のように見上げていたんですが。また、そういうきれいな星空と新鮮な空気がセットであったわけです。

一方、都会では星空が見えないで、空気もあまりきれいだとは感じられません。

よく考えたら、もう何ヶ月も「土の上を歩いていない」様な気もします。

都内で生活していると、空間が人工的で、道路もほとんどがアスファルトで舗装されているから、高尾山などにハイキングなどで行かない限り、「土を踏む機会」もないんですよね。

それで、都会は人が多すぎて、また、ゴミゴミした生活空間で日常生活を送らなければならないので、精神的に疲れてきているんだと思います。

都会は、土地面積に対して人の数が多すぎるので、住民の数で割った一人あたりの占有面積がとても少ないんです。その上、部屋から一歩外に出ると一人になれる場所がないので、私のように田舎育ちだと、そのようにプライバシーが確保できない状態が精神的なストレスになる部分があります。

その上、通学・通勤で、ラッシュ時の山手線でギュウギュウ詰めにされていると、本当に精神的な疲労を実感せざるを得ないような日々を送らざるを得ない…という感じです。

運転免許は在学中に取得しておかないといけないから、今回、『免許の匠』で資料請求をしてパンフレットを眺めているところですが、精神的なリフレッシュをする目的も兼ねて、今回は田舎にある教習所の免許合宿に参加するつもりです。

学校の長期休暇中に合宿免許に参加して、田舎のきれいな空気を吸って、夜空を眺め、自然に親しむことも楽しみたいので。

また、時間に余裕があれば、その地方の、田舎ならではでの名所・史跡にも足を運びたいですね。

もちろん、免許合宿先の自動車教習所では真面目に教習を受けて、しっかり免許を取得する予定です。

田舎での合宿免許は『免許の匠』で探す

田舎の合宿免許プランは『免許の匠』で検索
田舎の合宿免許プランは『免許の匠』で検索

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができる。

また、サイト上の情報やパンフレット資料を確認して、星空がきれいで空気が新鮮、自然と親しむことのできる田舎のロケーションの合宿免許先を見つけることもできる。

女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むこともできし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることできるので、田舎の合宿免許に参加してリフレッシュしたいなどの場合は『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』

 

合宿免許で免許取得の費用を安く抑える

費用を抑える&短期間に免許を取得するために合宿免許に参加
費用を抑える&短期間に免許を取得するために合宿免許に参加

お金がないけど学生の内に運転免許を取りたい

親からの仕送り額が少ないし、奨学金を受けていて、私は大学生活を送るための生活資金も充分だとは感じていません。

でも、大学生であるうちに自動車の運転免許を取得しておくべきだという教訓は、耳が痛くなるほど聞いているのでそうする予定です。

それで、免許取得について、自動車教習所に通うケースと、泊まりで合宿免許に行くケースについて検討したんですが、合宿免許の方が費用を安く抑えることができるんですよね。

しかも、短期間で免許を取得できます。

合宿免許だと長期休暇中に短期間で免許を取れる

また、合宿免許に参加する場合は、1ヶ月くらい連泊しながら一気に詰め込みで教習を受けるので、夏休みや春休みのような長期休暇中が適しているようです。

一方、自動車学校に通うメリットは、昼間に学校に通って、大学の講義が終わった後から教習を受けられることです。

だから、教習所に通う場合は、大学生なら、免許取得のためにいつでも通い始められます。

免許合宿だと費用が安くて補修も無料

費用については、通いの方が免許合宿よりも高くて、また、試験に落ちるなどして補習を受ける場合、通いだと追加料金がかかる一方、合宿免許だと無料で補習を受けられる場合が多い、つまり、合宿免許だと費用を安く抑えることができることがわかりました。

それで、僕の場合は金銭的な余裕があまりないし、補習のたびに費用がかさんだら嫌なので、合宿免許で免許を取ることにしました。

『免許の匠』で資料請求(無料パンフレット)をして、いま、それを確認しています。

せっかくだから、費用を安く抑えるだけじゃなくて、田舎の自然を楽しんだり、歴史を感じさせる建造物があるような場所を訪れて観光も楽しみたいなど、パンフレットを見ながら想像力を働かせて、期待に胸を膨らませているところです。

自動車教習所への通いだと、近所の場合が多いので新鮮さがないのですが、合宿免許の場合は、空気が変わり、環境が変わるので、旅行気分に似たような新鮮な気持ちになるのも魅力ですね。

費用を安く抑えるなら『免許の匠』の激安プランを確認

費用を安く抑えたいなら『免許の匠』を確認
費用を安く抑えたいなら『免許の匠』を確認

『免許の匠』は、免許合宿プランのある全国の自動車学校(北海道から沖縄までの102校、確認時点)と提携していて、激安プランや格安プランTOP10、卒業生による各学校の口コミ体験談などをサイト上で確認することができるので、資金に余り余裕がない場合は、この激安プランと格安プランの確認が必須だといえる。

また、女性にオススメ、自炊プランあり、マリンスポーツができる、スノボーができる、プライベート重視、ネット環境あり、大人数でも入校可、などの各キーワードの特集ページがあるので、自分が興味を持っているキーワードがある場合は要チェック。

入校時期や価格、相部屋か個室かの条件など、プランの内容をよく確認してから申し込むことができるし、時間に余裕がある場合は、まず無料で資料請求をして、送付されてきたパンフレットで各プランの内容をよく確認した上で申し込むことができるし、急ぐ場合はサイト上で免許合宿の仮申込み(キャンセル無料)をすることもできるので、短期間で免許を取得したり費用を安く抑えるなら『免許の匠』はおすすめできる。

 短期間で免許を取得できる合宿免許なら『免許の匠』


このエントリーをはてなブックマークに追加