button

事故車買取 〜 事故を起こした車を売却する〜

バーチャルオフィスの紹介、および、有効活用するための情報です。各バーチャルオフィス・サービスのメリット&デメリットの比較一覧、ユーザーかかえる問題に応じたケーススタディを掲載しています。


目次

免許更新に行ったら交通事故を目撃して自分も衝突事故をおこした件
車が水没しちゃったけど、どうしよう?
高齢者だが、気が付いたら自損事故を起こしていた
玉突き事故に巻き込まれた事故車を処分
交差点で突っ込まれてマイカーが事故車に
首都高バトルの結末

免許更新に行ったら交通事故を目撃して自分も衝突事故をおこした件

その日は朝から嫌な予感がしていた…

免許の更新に行く日だが嫌な予感が…
免許の更新に行く日だが嫌な予感が…

40代の既婚男性です。
日曜日のその日は、朝から嫌な予感がしていました。

ちょうど、運転免許の更新期間中で、私はゴールド免許なので、午後にゴールド免許更新センターに行き、夕方から妻と合流して、高速道路を使って妻の実家に行く予定でした。

朝、妻と簡単な朝食を済ませ、午前中は妻と一緒に映画を観ることにしました。

危険運転シーン満載のカーチェイス映画を観て過ごした午前中

カーブで主人公が運転するセダンがトラックと衝突、カーブを左折した軽トラと二輪車バイクが出会い頭の追突事故、悪役の乗ったスポーツカーが歩道を横断中の複数の歩行者を轢き殺す人身事故、交差点での銃撃戦など、危険運転(カーチェイス)とガンアクションが満載のB級映画です。

過激な映像表現と薄っぺらいストーリー性が、いかにもあり合わせのハリウッド映画という感じでしたが、午前中の暇潰しとしては、「まずまずの内容」でした。

乗用車を運転中に交通事故を目撃

運転中に交通事故を目撃
運転中に交通事故を目撃

映画を見終わると昼になったので、妻と一緒に乗用車(ローレル)に乗り、都市部に向かうと、交通事故を2件目撃しました。

1件目は、赤信号で前の乗用車が停止しているのに、脇見運転をしていた軽乗用車の運転手がブレーキを踏まず、前の乗用車にぶつかった、追突事故でした。

スピードはそれほど出ていなかったので車が廃車になるかどうかは微妙でしたが、それでも乗用車の後部と軽自動車のフロント部分が破損し、パトカーが2台来て、すでに警官によるドライバーに対する聞き取りが行われていました。

2件目は、高齢者ドライバーが十字路になっている交差点を左折しようとした際、子供が運転している自転車が横断歩道を渡っているのに気づかなかったか、あるいは気づくのが遅れたために生じた接触事故でした。

私が気付いた時点で、自転車は転倒しており、子供が膝を抱えて泣いていたんですが、男性高齢者ドライバーの方は、「轢き逃げ」のような感じで、一度、無責任にも走り去ろうとしているのが見えました。

その逃走しようとする車の前に周囲の(事件を目撃した)男性ドライバーたちが立ちはだかり、パトカーの到着を待っているという段階の様です。

その現場を(通り過ぎながら)横目で眺め、私は、「轢き逃げは犯罪だから、未遂でもあのお爺さんは罪に問われるんじゃないかな?」なんて考えていると、しばらくして都心部に着いたので、駅前で妻を降ろしました。

時間貸しパーキングに停めようとしたら正面衝突しそうに

ジープが飛び出してきて危うく正面衝突
ジープが飛び出してきて危うく正面衝突

そして、自分も用事があるので、次はゴールド免許更新センターの近くまで車を走らせて、免許更新センターまで徒歩10分位の場所にある2時間100円の時間貸しパーキングに停めようとしました(ワタクシは「1時間100円の駐車場に停めたら負け」だと、その様に考えている者であります)。

そのパーキングに侵入しようとしたその時でした、荒っぽい運転のジープが出会い頭に飛び出してきて、危うく正面衝突しそうになったのです。

文句を言ってやろうと身構えましたが、ワルそうな若いドライバーが乗っていたので、今回は見逃してやりました。

それにしても、これから運転免許の更新に行こうという時に、危うく交通事故に巻きこまれそうになるのも不吉な話です。そんなことを考えながら歩いていると、あっという間にゴールド免許更新センターに着いていました。

退屈に感じる免許更新の講習

ゴールドの5年更新なので、3年更新の頃よりもスムーズに免許更新できるんですが、講習の内容自体は「どうにかならなのいかな?」と感じるくらい、今でも退屈です。

具体的には、「バイパスと市道の交差点で一時停止を無視した自動車が衝突した事故、高齢者の運転手が注意義務違反で自転車と接触事故、信号の色を見まちがえ(信号無視)て交差点に進入した乗用車による交通事故、交差点を右折時に左右の確認を怠り横断歩道を進行中の歩行者と接触した事故、信号無視をして交差点に進み、、右方向から来たトラックと衝突した事故、そのはずみで横断歩道の歩行者が巻きこまれた人身事故、路面が凍結しているのにチェーンもスタッドレスタイヤもしていない乗用車を運転していて信号で停止できずに前方の乗用車に衝突した事故、うわの空で運転していたために踏切の存在に気付かずに走行して電車と衝突事故、無理にUターンしようとして対抗車線直進の原付と衝突事故、見通しの悪い交差点で左右の確認を怠り二輪車と出会い頭に衝突した事故、高齢者ドライバーがバックで車庫入れをする際に後方の確認を怠って子供を轢く接触事故、交差点を左折する際に注意を怠って自転車を巻き込む接触事故、高速道路でスピードを出しすぎて(制限速度違反)他の乗用車やトラックに追突する事故、雨天時、高齢者ドライバーが左折のタイミングを誤り自損事故、雨天時、見通しが悪くて前方を走行中のバイクの存在に気付くのが遅れたために起きた追突事故、高速道路を走行中にペッドボトルなどの物を取ろうとして脇見運転となり前方の車両に追突事故、飲酒した状態で運転(飲酒運転)をしたために注意力低下を原因とする交通事故…」

…などなど、要するに、運転中の前後左右の確認・注意の必要性、歩行者や他の車両の存在についての注意、道路標識を確認することの重要性、飲酒運転は絶対駄目ということ(飲んだら乗るな!)。

必要以上・制限速度以上にスピードを出してはならないこと、交通マナーは守らなければならないこと、などの内容を、教官の講義、および教習ビデオの映像ので見せられるわけです。

交通事故を起こさないためにマイナーな道路標識の再確認は必要

講習が終わったので高速道路で妻の実家へGO
講習が終わったので高速道路で妻の実家へGO

そこには確かに退屈な内容も含まれていますが、3〜5年毎の講習ですし、マイナーな道路標識は数年経つと忘れがちになりますので、交通事故を起こさないために「これ(免許更新)を機会に道路標識をもう一度覚え直そう」という気持ちになるのも、また、事実なのでした。

その後、免許更新の講習が終わりましたので、駅前で妻を拾い、(妻の実家に行くために)高速道路に乗ったのですが、その事件はそこ(高速道路走行中)で起きたのでした。

40分くらい高速道路を走行していた頃です。私が運転していたんですが、何だか疲れてきました。

それで、妻も運転免許を持っているので、「交代しよう」ということになったんです。

運転を代わるんだから、次のパーキングエリアで交代すれば良かったんですが、とんでもなく横着な運転をしてしまったので、それが不幸の始まりでした。

高速道路走行中、横着な運転をしたら悲劇が…

高速道路を走行中に妻と運転を交代しようとしたら悲劇が…
高速道路を走行中に妻と運転を交代しようとしたら悲劇が…

書くのも恥ずかしい非常識な行動だったんですが、高速道路で右車線を走行中に、「走行中に」ですよ?

ハンドルを握りながら助手席の妻と運転席の私が「席を交換しようとした」んです。絶対に真似をしちゃ駄目ですよ?(←免許更新の講習で何を学んだんですかねこの人は…)

高速道路とはいえ、近くを車が走っていませんでしたので、私には、このイリーガル(非合法)なミッションを上手くやり遂げられる自信がありました。

マイカーがお取り込みの最中、右側の路肩からスポーツカーが追い抜いてきた!

不都合なタイミングでスポーツカーが右側の路肩から追い抜こうとしてきた
不都合なタイミングでスポーツカーが右側の路肩から追い抜こうとしてきた

ところが、何としたことでしょう!! ああ神よ…

なんと、私と妻が座席の交換をしているまさにその時、一番右の車線を走行する私達の乗用車(ローレル)をかすめて、更に右側の路肩からスポーツカーが追い抜いてきたのです!

高速道路の路肩は幅2.5メートルなので、スポーツカーの運転手は「問題なく追い抜ける」と考えたのでしょう(むろん、交通違反の危険運転ですが)。

しかし、運が悪いことに、スポーツカーが追い抜かんとしていた正にその時、追い抜かれる側の乗用車では私と妻の間で運転席と助手席の交換が行われており、かろうじて私がハンドルを握っていたのでした。

交通違反をしていた車同士が衝突事故

運転していた車が事故で跳ね飛んで廃車に
運転していた車が事故で跳ね飛んで廃車に

結果、若者カップルが運転するスポーツカーと私たち夫婦が運転する乗用車(ローレル)の衝突事故となったのでした(その時は気付きませんでしたが、ヨロヨロ走行になっていた様です)。

朝の嫌の予感は的中し、愛車を失う(廃車)という最悪な一日になったのでした。

若者カップルも、私たち夫婦も後ろ暗い気持ちになる様な、「交通違反をしていた者同士の交通事故」です。

示談にしようか悩みましたが、向こうは高そうなスポーツカーに乗っているので、妻と相談し、事故報告をして自動車保険を使うことに決めました。

交通事故の責任の割合については、お互いに交通違反をしていた部分がありますので、保険会社を介して交渉中の段階となります。

運転していた車は事故で大破して廃車に決定

また、接触した際、私達の乗っていた車がスポーツカーに跳ね飛ばされる形となり大破しました(スポーツカーの方も破損しました)ので、私達が乗っていた事故車は廃車にして車を買い換えることにしました。

この廃車が決まった事故車については、どうしたらいいのでしょうか?

事故車でも業者への売却が可能

以前から簡単に修復できる程度の自動車だったら業者が買い取ってくれたが、現在では、廃車状態の車や大破した車でも買い取ってくれるようになった。

具体的には、自動車が下記の状態である場合も、(査定した上で)業者への売却が可能。

事故車
廃車状態の車
不動車
水没した車

なお、傷や凹みがあっても、軽度の修理で自走可能となる車両は事故車の定義に当てはまらず、中古車として扱われるので注意が必要。

事故歴と修復歴の違い

事故歴とは、交通事故などが原因となり、自動車の重要な骨格部分(フレームなど)が損傷して、その修復をした履歴があることをいい、その基準は中古自動車査定基準で定められている。

また、事故歴があると買取り額が低くなる傾向がある。

一方、修復歴とは、フレームなどの重要部分ではない(相対的に)軽い傷の修復履歴があることを指す。

なお、修復歴については、部品を交換するなどして不足なく修理してあれば、査定にあまり影響しない

事故車を処分するなら廃車&無料引き取りよりも売却にメリット

事故車を処分する場合)廃車にする場合は費用が発生するし、無料引き取りは費用が発生しないので廃車よりは得だが、利益は発生しない

一方、(査定して貰って)業者に事故車を売却する場合は利益が発生するので、廃車にしたり無料で引き取ってもらうよりもメリットがあるといえる。

これは、「知っているか知らないか」という問題で、つまり、事故車にも値打ちがあるという事実に気付くかどうかという問題かもしれないと思う。

カービュー(carview)で事故車を査定してもらう

事故車の査定ならカービュー(carview)
事故車の査定ならカービュー(carview)

事故車を処分する場合は、一括で査定してもらい、最も高く買い取ってくれる業者を選ぶことにより売却利益を最大化する事ができる。

カービュー(carview)という事故車買取サイトがあるが、このサイトでは、直接、事故車を買い取ったり販売するのではなく、複数の業者を仲介するサービスを提供している。

特徴は、オンラインで必要事項(シンプルな3分くらいの内容)を入力すると、処分したい事故車の査定を簡単に行うことができること。

複数の業者(最大8社)による査定と見積もりを一括で行い、最も有利な査定、つまり、高額で買い取ってくれる業者を見つけることができる。

例えば、直接、中古車販売店などに足を運んで事故車買取を交渉した場合、面倒で、買い取ってくれるかどうかや、金額が折り合うかどうか、希望が叶うかどうかわからないし、手間隙がかかる。

一方、カービューの事故車買取査定のサービスを利用すると、交渉などの煩雑な手続きを経ることなく、事故車を売却するに際して、最も有利な査定額を提示する業者を見つけることができる。

同じ車種や年式の事故車であっても業者によって買取額が違うし、事故車冠水車(水没車)の買取の他、走らない不動車の場合は条件が厳しいが、業者によってはパーツとして買い取ってくれる可能性がある。

利用料・登録料のような費用が一切かからないし、査定額が希望の金額に満たない場合は売らなくても問題ないので、事故車・冠水車(水没車)・不動車を処分したい場合は、カービューの事故車買取査定がおすすめできる。

=≫ カービュー事故車査定

カービュー事故車査定

 

車が水没しちゃったけど、どうしよう?

免許を取って毎週末に夜のドライブ

埠頭での無茶な運転が悲劇をまねいた
埠頭での無茶な運転が悲劇をまねいた

免許を取って2ヶ月位なんだけど、早速やっちゃったんだ。

結論から書くと、マイカーが水没して不動車になったんだけどね。

中古車を購入して、悪友たちを乗せて、週末の夜は毎週のようにドライブしていたわけ。

で、心霊スポットとか峠とか道の駅、港湾とか行ったりして、友達の方が運転歴が長いから、交代して運転して遠くまで行ったりして、楽しんでた。

ていうか、まだ運転ビギナーで、助手席の悪友に指導されながら悪路を運転させられて、鍛えられている時間がメインだったんだけどね。

深夜の峠を運転した時なんか、本当にビクビクしながら運転したんだけど、助手席と後部座席で悪友たちはニヤニヤしていたり、運転を叱責されたりして、生きた心地がしなかったよ。

埠頭で危険な夜のチキンレース

そんな日々を送りながら、ある週末の夜、近くの埠頭に行ったんだ。

それで、しばらく景色とかを眺めながら雑談していたんだけど、突然、すでにほろ酔い状態だった悪友が「度胸を付けるために、一台でチキンレースをやれ」と言い出したんだ。

それで、最初は絶対に嫌だったんだけど、もう一人の悪友も囃したてたもんだから、結局、俺の運転で、かなり手前から加速して(堤防の)海の直前で停止するという遊びをやってみることになった。

大丈夫だろうと、たかを括っていたんだ。

峠でのスパルタ教育を何度も受けていたし、悪友たちは免許を取得して何年も経っていたからね。

車が海にダイブして水没・不動車に

それで、実際に挑戦したら巧く停止できなかった(笑)

つまり、せっかく買った中古車は海にダイブ、また、俺と悪友たちは、車が浮いているうちに窓を開けて、死に物狂いで脱出したんだ。

それで、俺も必死だったけど、悪友たちは酒も入ってたから、本当に死ぬ思いだったらしい。

俺自身は、免許を取得して数ヶ月しか経っていないのにマイカーが水没というトラウマレベルの経験をして、正直、運転するのが怖くなった。

水没車の処分費用は幾ら?

また、せっかく買った車が、水没して不動車になったし、埠頭から引き上げるために馬鹿にならない金額の出費が必要だったことも、思い出すだけで鬱になりそうな、苦い経験だ。

それで、一度海に沈んだ水没車だから、処分するのにもまた費用がかかると思うんだけど、実際のところはどうなんだろうと思う。

廃車&無料引き取りよりも売却にメリット

事故車を廃車にする場合は費用が発生するし、無料引き取りは費用が発生しないので廃車よりは得だが、利益は発生しない

一方、事故車を業者に(査定して貰って)売却する場合は利益が発生するので、廃車にしたり無料で引き取ってもらうよりもメリットがあるといえる。

これは、「知っているか知らないか」という問題で、つまり、事故車にも値打ちがあるという事実に気付くかどうかという問題かもしれないと思う。

車が水没したらカービュー(carview)で買取・査定してもらう

水没車の買取・査定ならカービュー(carview)が便利
水没車の買取・査定ならカービュー(carview)が便利

水没車を処分する場合、買い取ってもらえる場合が多いので、一括で査定してもらい、最も高く買い取ってくれる業者を探すことにより、利益を最大化、および損失を最小化する事ができる。

事故車買取サイトのカービュー(carview)では、直接、水没車(や事故車)を買い取ったり販売するのではなく、複数の業者を仲介するサービスを提供している。

特徴は、オンラインで必要事項(シンプルな3分くらいの内容)を入力すると、処分したい水没車の査定を簡単に行うことができること。

最大8社の複数の業者による査定見積もりを一括で行い、最も有利な査定の、つまり、高額で買い取ってくれる業者を探すことが可能。

カービューの事故車買取査定のサービスを利用するメリットは、交渉などの煩雑な手続きに労力を割くことなく、事故車を売却するに際して、最も有利な査定額を提示する業者をスムーズに見つけることができること。

同じ車種や年式の事故車であっても、業者によって買取額が違うし、事故車冠水車水没車)の買取の他、走らない不動車の場合も、業者によってはパーツとして買い取ってくれる。

利用料・登録料のような費用が一切かからないし、査定額が希望の金額に満たない場合は売却しなくても問題ないので、事故車・冠水車(水没車)・不動車を処分したい場合、カービューの事故車買取査定がおすすめできる。

=≫ カービュー事故車査定

カービュー事故車査定

 

高齢者だが、気が付いたら自損事故を起こしていた

高齢者ドライバーの精神状態に異変が…

意識が戻ったら車が木に突っ込んでいた
意識が戻ったら車が木に突っ込んでいた

わしは高齢者と言われる年齢だが、免許はゴールドだった。

まず、そのことを自身の名誉のために記しておきたい。

それで、週に一度か二度は車を運転するんだが、何カ月か前から、運転しているときの感覚が、不思議な感じになったんじゃ。

なんだか、夢見心地のような、別の表現をすると、意識がしっかりとしていない様な、フワフワとしたような気持ちの状態?

フワフワした気持ちで運転し、物忘れも頻繁に

そんな気持ちになっているもんだから、それに気付いたら、心を引き締めようとするんだが、そうすることなしに、フワフワした気持ちのままで目的地に到着することも幾度もあった。

そういう状態で運転するのは、いわゆる危険運転なのだと感じて、どうしようかと思案したりしたが、そういう、感じた気持ちや考えることも、なぜか長続きしないで、しばらくすると忘れてしまうことが多くなったんじゃ。

免許の返納を勧める息子を一喝

それで、そのことを息子に話すと「免許を返納して運転はもうやめてよ」というようなことを抜かしよったんだが、わしはゴールド免許でもあり、「なにを抜かす、このくそガキが!」と一喝し、黙らせてやった。

そんなある日、用事があって車を運転する必要があったが、その日も、曖昧なフワフワとした気持ちになった。

気が付いたら車が柱に衝突していた

それで、その日はいつもと違って、気が付いたら車が柱に衝突しておったんじゃ。

ちょうど正面から木にぶつかって、車のフロント部分に柱がめり込んでおった。

わしは、おそらく受けた衝撃のために意識を取り戻したんだと思うが、意識が覚醒したときにはすでに車は自損事故の状態になっておったんじゃ。

免許は返納、自損事故を起こした事故車は処分へ

それで、(事故処理をした後に)どうも息子の言ったことが的を射ていたとわかったから、(せっかくのゴールドだったが)免許は返納することにした。

また、自損事故を起こした車は、フロント部分がベッコリ凹んだ状態じゃから、事故車を処分するために幾らかの出費がかかることは覚悟しておる。

廃車&無料引き取りよりも売却にメリット

事故車を廃車にする場合は費用が発生するし、無料引き取りは費用が発生しないので廃車よりは得だが、利益は発生しない

一方、(査定して貰って)事故車を業者に売却する場合は利益が発生するので、廃車にしたり無料で引き取ってもらうよりもメリットがあるといえる。

これは、「知っているか知らないか」という問題で、つまり、事故車にも値打ちがあるという事実に気付くかどうかという問題かもしれないと思う。

事故車を処分したいならカービュー(carview)の事故車買取

事故車の処分・買取ならカービュー(carview)
事故車の処分・買取ならカービュー(carview)

自損事故を起こしたような事故車を処分する場合、買い取ってもらえる場合が多いので、一括で査定してもらい、最も高く買い取ってくれる業者を探すことにより、利益を最大化、および損失を最小化する事ができるといえる。

例えば、事故車買取サイトのカービュー(carview)では、サイトで直接、事故車を買い取ったり販売するのではなく、複数の業者を仲介するサービスを提供している。

特徴は、オンラインで必要事項(シンプルな3分くらいの内容)を入力すると、処分したい事故車の査定を行い、買取額を簡単に調べられること。

具体的には、複数の業者(最大8社)による査定と見積もりを一括で行い、最も有利な査定額の、つまり、高額で買い取ってくれる業者を見つけることができるようになっている。

利用するメリットとしては、カービューの事故車買取査定のサービスでは、買取店に直接事故車買取の交渉をするなどのために労力が割かれることなく、事故車を売却するに際して、最も有利な査定額を提示する業者をスムーズに見つけることができること。

同じ車種や年式の事故車であっても、業者によって買取額が違うし、事故車冠水車水没車)の買取の他、仮に不動車であった場合も、業者によってはパーツとして買い取ってくれる場合が少なくない。

利用料・登録料のような費用が一切かからないし、査定が希望額に満たない場合は売却しなくても問題ないので、事故車・冠水車(水没車)・不動車の処分を希望する場合、カービューの事故車買取査定をおすすめする。

=≫ カービュー事故車査定

カービュー事故車査定

 

玉突き事故に巻き込まれた事故車を処分

高速道路で玉突き事故に巻き込まれ…
高速道路で玉突き事故に巻き込まれ…

深夜に、高速道路で車を飛ばしていたら、長いトンネルにさしかかったんですよ。

それで、中が明るいじゃないですか?

で、とても明るいトンネルである一方、そのトンネルの出口から見える外の景色は暗く感じました。

そんなことを感じながら、ちょっと「ぼうっとした気持ちで」で出口を抜けたら、突然、前の車に衝突してビックリしましたよ。

私は気がつかなかったけど、トンネルの出口から出てすぐの場所に、軽乗用車が停車していたんです。

そして、更に驚いたことには、注意して周囲を確認したら、私の車が衝突した軽乗用車も、前の乗用車に衝突して現在の位置に停まっていたんです。

つまり、最初に乗用車が「何からの原因」でトンネル出口からほど近い位置に停車し、その場所が、トンネルの中から確認することが困難な位置だったために、次に軽乗用車が避けきれずに衝突、また、今度はその軽自動車に私の車が衝突するという、玉突き事故になったわけです。

それで、車から降りたところ、2人のドライバーやその家族たちがガード脇にいて「やれやれ」という感じで、事故報告や保険会社への連絡などを始めました。

すると、数分後、なんと私の車にトラックが衝突してきたではないですか?

その「想定外の光景」と、激しい衝突音で、私は我を忘れた状態になりました。

前の車のドライバーの家族たちも、悲鳴を上げたりしています。

私は、このままの状態では危険だと感じ、トラックのドライバーに対して怒るのではなく、トラックは丈夫に出来ていて運転手も軽傷でしたので、(後続車への注意を促すために)ハザードランプを点けてもらいました。

そうして、再度の事故報告などのための慌ただしい時間が過ぎ去った後、あらためて自分の乗用車を確認すると、フロントと車体後部がべっこりと凹んだ状態でしたので、「乗車しているときにトラックがつっこんでこなくて本当によかった」というのが本音のところです。

その後、玉突き事故となり、加害者・被害者の関係が複雑になったために警察や保険会社への説明が面倒で辟易しましたが、この事故を起こした車は処分して、別に新しい車を購入する予定です。

しかし、こんなにべっこりと凹んだ状態の事故車を買い取ってもらえるものなのでしょうか?

事故車を処分したいならカービュー(carview)の事故車買取

事故車の処分ならカービュー(carview)が便利
事故車の処分ならカービュー(carview)が便利

玉突き事故に巻き込まれたような事故車を処分する場合は買い取ってもらえる場合が多いので、一括で査定してもらい、最も高く買い取ってくれる業者を探すことにより、利益を最大化、および損失を最小化する事ができるといえる。

例えば、事故車買取サイトのカービュー(carview)では、サイトで直接、事故車を買い取ったり販売するのではなく、複数の業者を仲介するサービスを提供している。

特徴は、オンラインで必要事項(シンプルな3分くらいの内容)を入力すると、処分したい事故車の査定を行い、買取額を簡単に調べられること。

具体的には、複数の業者(最大8社)による査定と見積もりを一括で行い、最も有利な査定額の、つまり、高額で買い取ってくれる業者を見つけることができるようになっている。

利用するメリットとしては、カービューの事故車買取査定のサービスでは、買取店に直接事故車買取の交渉をするなどのために労力が割かれることなく、事故車を売却するに際して、最も有利な査定額を提示する業者をスムーズに見つけることができること。

同じ車種や年式の事故車であっても、業者によって買取額が違うし、事故車冠水車水没車)の買取の他、仮に不動車であった場合も、業者によってはパーツとして買い取ってくれる場合が少なくない。

利用料・登録料のような費用が一切かからないし、査定が希望額に満たない場合は売却しなくても問題ないので、事故車・冠水車(水没車)・不動車の処分を希望する場合、カービューの事故車買取査定をおすすめする。

=≫ カービュー事故車査定

カービュー事故車査定

 

交差点で突っ込まれてマイカーが事故車に

楽しい思い出のドライブのはずが…

横から突っ込まれる衝突事故でマイカーの後部がベッコリ凹み廃車に
横から突っ込まれる衝突事故でマイカーの後部がベッコリ凹み廃車に

それは、学生時代からの友達2人と3人で、ボーリングをしたり飲み屋に行ったりと、休日に、都市部で一日遊び回った帰りに起きた衝突事故でした。

夜の10時頃になったので、来た時は私のマイカーでドライブして来たし、みんな(地元が一緒で)帰る方向も一緒なんで、みんなで車に乗って帰路についていたんです。もちろん、運転手の僕はお酒を飲んでいませんよ?

それで、30分位運転していて、見慣れた風景・道路の場所まで来たので安心してしまって、それが油断につながったのだと思います。

地元の市道までドライブして来て油断していたら

地元の市道をドライブしていたんですが、「ああ、そういえば最近、この先に新しくバイパスが通ったんだよね〜」なんて友達と話していて、「この市道と交差しているから、もしかして横から突っ込まれるかもw」なんて冗談を言って笑っていたんです。

それは、実際にはそんな(マイカーが廃車になるレベルの)交通事故は起こるはずがないと3人とも考えていたから、冗談にもできたんです。

だけど、現実は甘くありませんでした。

ヘッドライトを点けていない乗用車に、横から突っ込まれたんです。

一時停止を無視した車に横から突っ込まれた

状況を説明すると、この市道と国道バイパスの交差点は、バイパス側に一時停止義務があり、また、市道側にはその義務がありません。それで、僕達3人が注意していなかった上に、突っ込んできた側は一時停止を無視していて、さらにヘッドライトを点けていない状態だったので、完全に油断した状態で衝突事故に巻き込まれる(横から突っ込まれる)ことになりました。

結果、3人とも、物凄い衝撃を受けてパニックになりましたし、私以外の2人はシートベルトを付けていなかったので、危うくフロントガラスを突き破ってロケットダイブするところでした(直前で堪えましたが)。

また、衝突した場所が車体の後部だったが不幸中の幸いで、もし、フロントに突っ込まれていたら、助手席に友達がいたので、本当に取り返しのつかないことになっていたと思います。

一時期は、気を失いそうな状態になり、また、激しい怒りの気持ちも芽生えてきましたが、出来る限り平常心を心がけ、また、怒る友達も制止して、相手の車を確認すると、フロント部分がベッコリ凹んで、運転席の若い女性が泣いているようでした。

マイカーも相手の車も事故で廃車だが、死人が出なかったのが不幸中の幸い

それで、取り敢えず、携帯電話から110番して事故報告を行ないました(相手のドライバーにもその旨伝えました)。

その後、自動車保険のオペレーターにも連絡しましたが、ドライブレコーダーの記録も残っていて、完全に相手の過失なので、こちらに対する保険的なペナルティーはないようです。

また、相手のドライバーが自賠責保険の他、ちゃんと任意の自動車保険に加入してくれていたことは不幸中の幸いでした。
こちらの車の後部もベッコリ凹んでいて(事故車が)修理不可なので廃車・買い替えとなり、また、友達の1人がむち打ち症になったのでその医療費がかかるので、もし無保険だったら大変だったと思います。

ちなみに、新しい国道バイパスと市道の交差点では、今回の事故以降も、何度も衝突事故が起きています。
新しい交差点ができて「一時停止です」なんていっても、夜間は見通しが悪くなるし、すぐには対応できないんですよ。

それで話を戻すと、マイカーを買い換えるので古い事故車の方は不要になったんですが、この車を廃車にして処分するにはどうしたら良いのでしょうか?

ベッコリ凹んだ車を処分したいならカービュー(carview)の事故車買取

ベッコリ凹んだ車の処分ならカービュー(carview)が便利
ベッコリ凹んだ車の処分ならカービュー(carview)が便利

交差点で横から突っ込まれてベッコリ凹んだ事故車を廃車にして処分する場合は買い取ってもらえる場合が多いので、一括で査定してもらい、最も高く買い取ってくれる業者を探すことにより、利益を最大化、および損失を最小化する事ができるといえる。

例えば、事故車買取サイトのカービュー(carview)では、サイトで直接、事故車を買い取ったり販売するのではなく、複数の業者を仲介するサービスを提供している。

特徴は、オンラインで必要事項(シンプルな3分くらいの内容)を入力すると、処分したい事故車の査定を行い、買取額を簡単に調べられること。

具体的には、複数の業者(最大8社)による査定と見積もりを一括で行い、最も有利な査定額の、つまり、高額で買い取ってくれる業者を見つけることができるようになっている。

利用するメリットとしては、カービューの事故車買取査定のサービスでは、買取店に直接事故車買取の交渉をするなどのために労力が割かれることなく、事故車を売却するに際して、最も有利な査定額を提示する業者をスムーズに見つけることができること。

同じ車種や年式の事故車であっても、業者によって買取額が違うし、事故車・冠水車(水没車)の買取の他、仮に不動車であった場合も、業者によってはパーツとして買い取ってくれる場合が少なくない。

利用料・登録料のような費用が一切かからないし、査定が希望額に満たない場合は売却しなくても問題ないので、事故車・冠水車(水没車)・不動車の処分を希望する場合、カービューの事故車買取査定をおすすめする。

=≫ カービュー事故車査定

カービュー事故車査定

 

首都高バトルの結末

彼女を乗せているときに環七で煽られた

煽られたが、彼女は「無視して」
煽られたが、彼女は「無視して」

俺は、熱くなっていたんだと思う。

この前、改造車に環七で煽られたんだ。

彼女を隣に乗せているときにだぜ?

すぐ追い越していくのかと思ったら、付きまとうような運転をして、後ろや隣の車線をウロウロしていやがる。

いらついたけど、彼女がいるから我慢

で、その車の運転席をみたら、いかにもボンボン風の若造がニヤニヤしているから、思わず車体ごと特攻してやろうかと起こったけど、隣に彼女が乗っているしと思いとどまった。

彼女も「おかしい奴だから!」「相手にすると自動車事故につながるし、無視した方がいいよ」と言っていたし、俺は我慢したんだ。

そのときは、しばらくして、ボンボンの車がどこかに行ってしまって、それで終わった。

悪友たちと首都高のパーキングエリアで夕飯

某PAで夕飯を食べていたら…
某PAで夕飯を食べていたら…

数週間後の週末、俺は首都高の某パーキングエリアで悪友たちと夕飯を食っていた。

無論、かわいい彼女を、こんな空気の悪いアウトロー的空間に誘うわけには行かない。

中高の頃に知り合った悪友どもが免許を持っていないから、車に乗せてやって(彼女とは行かないところに)色々と遊びに行っているんだ。

そうして、雑談しながら飯を食いながら、何気なく外の駐車エリアに目にやって、俺は、いきなり吹き出しそうになった。

例のボンボンと車を駐車場で発見!

駐車場を見たら例の車が停まっていて…
駐車場を見たら例の車が停まっていて…

どうしてかというと、例の改造車にボンボンが乗り込む瞬間だったからだ。

それで、俺はカッと両目を見開いてからその場に直立し、悪友たちに無言でメッセージを送った。

また、悪友たちは、俺の無言のメッセージを第六感的に理解して、飯を食うのを速やかに中止した上で、俺に付いてくる。

で、駐車場に行ったら既にボンボンの車が走り出していて、その後姿が遠くに見えたから、自然、後を追いかけることになったんだ。

車に横付けしてみんなでゲラゲラ笑ってやると…

横付けして笑ってやったら…
横付けして笑ってやったら…

こっちはフルチューンの「スバル360」で、むこうは「カブト虫」だぜ?

速効で追いかけて、同じ速度でボンボンの車に横付けして、みんなでゲラゲラ笑ってやったんだ。

すると、ボンボンが顔を赤くして、何か怒鳴っているみたいに見える。

で、「こいつ、次のPAでシメてやろうか?」みたいな話をしていたんだけど・・・

突然、ボンボンが中指を立ててから、こっちに幅寄せしてきた。

覚悟を決めて首都高バトル開始

ボンボンがバトルを仕掛けてきた
ボンボンがカーチェイスを仕掛けてきた

それで、こっちは(事故を起こしたくなくて)引いたんだけど、そうすると、向こうは更に幅寄せしてくる。

寄せては引いての繰り返しで、仕舞には反対側に避けるスペースもなくなってきた。

俺は、「こいつ覚悟決めやがったな」と思ったし、悪友たちも青ざめたり、「あいつ狂ってるよ」と悪態を付いたりしている状態。

ここから、完全なカーチェイス(首都高バトル)になった。

つまり、こっちが事故らないようにしながら、相手を事故らせるゲームが始まったわけだ。

だが、俺は、車体を擦らせながらも、決定的な事故が起きないようなハンドル操作をしていた。

無自覚に事故を誘うようなハンドル操作に…

軽率な行動の帰結は自動車事故
軽率な行動の帰結は自動車事故

今になって振り返ると、結局、何がしたかったんだろうと思う。

どういうことかというと、結局、無自覚だったけど、相手の自滅(事故)を誘うようなハンドル操作になってしまって、ボンボンの車が派手に跳ね飛んだからだ。

つまり、車体がガードにぶつかって自損事故になったんだけどね。

で、向こうの車は事故でグチャグチャに大破したけど、悪運の強いボンボンは軽傷。

ボンボンの車体はグシャグシャに大破し、自分の車はボコボコ

で、運転席から自力で脱出したボンボンが、頭から血を流しながら、携帯に向かって狂ったようにわめいている状態(事故の報告?)。

俺たちもハザードをつけてから停車して、マイ「スバル360」の状態を確認すると、車体の至る所がボコボコに凹んでいて、とても悲しい気持ちになった。

それは明らかにカーチェイスの影響で、俺が軽率な行動を取ったことが原因で事故が起こり、こんなことになったんだと思う。

修理して乗り続けられるのか、売却を含めて検討中

車体がボコボコになり売却を検討
車体がボコボコになり売却を検討

反省しなければならないし、保険屋さんなどへも事故の報告をする必要がある。

そして、車体がボコボコの状態で、修理して乗り続けることができるのかどうか、事故車として売却することも含めて検討しているところなんだ。

廃車が決まった車を処分したいならカービュー(carview)の事故車買取

廃車が決まった車の処分はカービュー(carview)で
廃車が決まった車の処分はカービュー(carview)で

交通事故で大破した事故車を廃車にして処分する場合は買い取ってもらえる場合が多いので、一括で査定してもらい、最も高く買い取ってくれる業者を探すことにより、利益を最大化、および損失を最小化する事ができるといえる。

例えば、事故車買取サイトのカービュー(carview)では、サイトで直接、事故車を買い取ったり販売するのではなく、複数の業者を仲介するサービスを提供している。

特徴は、オンラインで必要事項(シンプルな3分くらいの内容)を入力すると、処分したい事故車の査定を行い、買取額を簡単に調べられること。

具体的には、複数の業者(最大8社)による査定と見積もりを一括で行い、最も有利な査定額の、つまり、高額で買い取ってくれる業者を見つけることができるようになっている。

利用するメリットとしては、カービューの事故車買取査定のサービスでは、買取店に直接事故車買取の交渉をするなどのために労力が割かれることなく、事故車を売却するに際して、最も有利な査定額を提示する業者をスムーズに見つけることができること。

同じ車種や年式の事故車であっても、業者によって買取額が違うし、事故車冠水車水没車)の買取の他、仮に不動車であった場合も、業者によってはパーツとして買い取ってくれる場合が少なくない。

利用料・登録料のような費用が一切かからないし、査定が希望額に満たない場合は売却しなくても問題ないので、事故車・冠水車(水没車)・不動車の処分を希望する場合、カービューの事故車買取査定をおすすめする。

=≫ カービュー事故車査定

カービュー事故車査定


このエントリーをはてなブックマークに追加