button

債務整理 〜多重債務を解決する〜

債務整理とは何かについての解説、各債務整理方法のメリットとデメリット、法律事務所の紹介、債務整理が必要なケースのケーススタディ例が主な内容になります。


目次

分不相応の生活を送っていたら多重債務者に
債務整理とは?
住宅ローンの返済ができなくなったけど、どうしよう?
遊ぶためにカードでキャッシングをしていたら借金地獄に
流行のショップを開店したが経営に失敗、多額の借金が残った
ギャンブルにはまり多重債務に
借入枠を財布代わりにした結果、取り立てに怯える日々
生活資金の足りない分をキャッシングして多重債務者に
不動産投資に失敗して莫大な損失と借金が
中小企業経営者だが、赤字と多重債務状態が続き限界かもしれない
友人の連帯保証人になったら多額の借金を背負わされた
街金(マチ金)で金を借りたら法外な利息を請求された
失業して住宅ローンが払えなくなった
離婚するから住宅ローンを解約して家を処分したい
海外に移住するので住宅ローンの残債がある一軒家を処分したい
住宅ローンを解約して、その分を子供の学費のために使いたい
地方に転勤するので住宅ローンを解約したい
病気で配偶者が亡くなったので住宅ローンの残っている家を処分する
35年間もローンの支払いを続けるのが嫌になった
相続税が払えないので相続した家を処分したい

分不相応の生活を送っていたら多重債務者に

借金地獄にはまった顛末

上京して本格的にDJの仕事をしたい
上京して本格的にDJの仕事をしたい

クラブでDJをやっている者(もん)です。

自分では普通に生活しているつもりだけど、いつの間にか多重債務者になってましたので、その顛末について語らせて下さい。

数年前まで、ある地方の実家に住みながら調理の仕事をしていたんですが、正直、あんまりやり甲斐を感じてなくて、その頃から(地方の)小さな箱でDJをやっていたんで、「そっち(DJ)が本業だ」って感じでした。

上京してシャレオツな賃貸マンションに住む

んで、せっかく調理の専門学校にも行ったんで、ちょっと勿体なかったんですが、(この際なんで)さっくり調理の仕事は辞めて、上京して、DJとして活動を本格的に始めることにしました。

で、せっかくなんで、オンナを家に上げられるオシャレな賃貸住み一択だったんで、家賃8万5000円の賃貸マンションを契約して住み始めたんです。

マックでバイトして、あとは音源・古着・クラブ・オンナ

仕事は、とりあえず(田舎でバイト経験があった)マックのバイト面接を受けて一発合格でしたんで、マックでバイトしている時間以外は、レコード屋で音源になるレコードを探したり、原宿あたりでブラブラしておしゃれな古着を探してみたり、色々なクラブに顔を出してみたりする生活が始まりました。

もちろん、オンナをナンパしたりもしますyo!

で、DJやってると沢山の音源が必要なんで、音源(レコード)だけで月に5〜15万円の費用がかかるんですよ。

これって、結構な金額ですよね?

生活費は月々25〜35万円だが収入はマックのバイト代だけ

これに家賃8万5000円、水道光熱費1万5000円、携帯代8000円を加え、さらに食費、オンナと遊ぶ遊興費もかかってくるんで、大雑把に、(生活費として)月々25〜35万円くらい、毎月のように支出してきた感じですね〜。

で、マックのバイト収入じゃ不足だったんで、足りない分はクレカでキャッシングして賄ってましたw

生活費の不足分をクレカでキャッシングし数カ月後に借入限度額に

んで、収入と支出のアンバランスは毎月のことなんで、数カ月後にはカードの借入限度額まで借りちゃって、「やべーw」って感じだったんです。

でも、大金を手に入れられるような予定もなかったんで、とりあえずバイト代の万札を握ってパチンコに行きました。

パチンコで当てて借金を返済だ!

パチンコで勝って借金をチャラに
パチンコで勝って借金をチャラに

で、パチンコ、めちゃくちゃ面白いんですよ。

大音量の中でパチンコ台に向かっているんですけど、パチンコ屋は客を楽しませるための努力を怠っていないっていうか、凄く工夫していて、自然と精神が高ぶっくるのを感じるんですよね。

時間潰しには最高だし、なかなか辞められなくなるんで、パチンコ依存症が社会問題になるのもよくわかります。

バイト代をパチンコで全部溶かした

で、大勝ちしてクレジットカードの返済分に回すつもりだったんですが、逆に、バイト代全額をパチンコで溶かしましたw

パチンコですって現金がなくなった(諭吉さんが昇天した)んで、また、クレカでキャッシングするっていう悪循環ですね。

オレも、本業はDJなんですが、そっちは、オンナにはモテるんですけど、収入にはほとんどならないんで、どっかで金をゲットしないと生活が回らないんすよ。

競馬で万馬券を当てて借金生活を脱出!

万馬券を当てて借金生活を脱出だ!
万馬券を当てて借金生活を脱出だ!

で、今度は万馬券を当てようと思って、有馬記念の日に競馬場行って、一日中粘りました。

競馬は、オレが言うのも何ですけど、パチンコとは違う楽しさがあるんだなって感じですかね〜。

なんか、最近は色々デジタル化しちゃって、ずっとスマホをいじってたり、買い物もネットで済ましちゃうし、出会いもSNSな感じの味気ない昨今じゃないですか?

いまケツ触られてるのに携帯いじってます…みたいなw

でも、競馬場には自分より年上のオッサンが多いけど、実際に生きている人間が色々な思惑を持ってそこにいて、要は馬券を当てたくてそこにいるんだけど…

で、競馬は勝負事だからレース後はみんな悲喜こもごもで、なんか、生きてるって感じるんですよね…(←遠くを見る目つき&表情で)

新しいクレカを作ってカード回しの状態に…

で、競馬でも万馬券とか当たらないで、収支は赤字だったんで、クレカの借入限度額まで借りちゃって、2枚目のクレジットカードを作ることにしました(こういうのをカード回しっていうらしいですね)。

んで、さすがにヤバイって感じたんで〜、ネットとか雑誌で蓄財関係の情報を漁って〜、外為FXをはじめますたw

これも面白いっすね〜。

で、オレみたいな玄人には国内のFX業者のレバレッジは低すぎるんで、海外のFX業者使ってレバ20〜30くらいでやってるんですけど、スリル満点でアドレナリン出まくりって感じっすかね〜w

競馬やパチンコと違って、一瞬で大金が動く緊張感とスリルが極上のエンターテイメントって感じですワw

バイト代が入った当日に外為FXで全額溶かした

で、バイト代が入った日にバイト代を全額入金して(外為FXを)はじめたんすけど、その当日に、全額を溶かしました…

本業はDJなんですけど、月々の生活費が結構かかるし音源を集めるのに金もかかるのに、バイト代が少ないんでいつも金が足りない状態で、生活が回らないんすよね。

消費者金融を含む複数の金融機関から借金をする多重債務状態に

消費者金融を含む複数のカードでカード回しをする多重債務状態に
消費者金融を含む複数のカードでカード回しをする多重債務状態に

で、解決策がカードで借りるしか思い浮かばないんで、いわゆるカード回しの状態になっちゃってて、借入限度額に達するたびに新しいカードを作ってました。

んで、前に作ったカードでキャッシング(借金)した分の返済請求とかも来て、クレカが2枚から3枚、3枚から4枚になっちゃってから、何故か新しいカードを作れなくなったんで、次からは消費者金融のカードで金を借りて生活資金に回していたんです。

結果、銀行系と消費者金融の合計7枚のカードでカード回しをして、借金を返済しながら生活をやりくりする状態になってて、さすがに「ガチでこれヤバイな」って気づきました。

別の表現をすると、「借金まみれ? こりゃマジでやべ〜わ」って感じ?

んで、「オレってギャンブルの才能なくね?」って思って〜、別の方向性を探り始めたんですわ。

魔が差して、オンナを風呂屋に沈めたり、脱法ドラッグの販売を検討

最初、(DJやってるときに群がってくる)オンナを風呂屋に沈めようかと考えたんだけど、クラブで群がってくるオンナを風俗に送り込んだりしたら(繰り返していたら)クラブを出禁になりそうだし、半グレみたいな怖い奴らにボッコにされそうなんでやめますた。

で、合法ドラッグとかどうかな〜とかw

いやいや、いま正気に戻りましたよ!?

正気に戻ったら、借金まみれの状態だった

気がついたら300万円以上借金していた
気がついたら300万円以上借金していた

オレ、気がついて、現実に戻ったら借金まみれですわ…

クレジットカードの借入限度額の40万円までキャッシング(借金)して、いま返済の請求が来ているカードが4枚あります。

んで、他に消費者金融で契約したカードが3枚あるんで、最低300万円は借金している多重債務状態なんだと思います。

そして、いまの生活を続けていたら、利息とかで、もっと借金が増えていくに違いないんですよ。

なんでかって言うと、収入がマックのバイト代しかないのに、月の支出が25〜35万円はかかるから、利息とか借金の返済がなくても、生活しているだけで借金が増えていくんで…

返済を滞納して催促の電話を無視していたら、債権回収業者が自宅に借金の取り立てに来た

で、カード回しでしばらくは返済分をやりくりしていたんすけど、そのうちに支払いが厳しくなってきて、少しずつ支払いを滞納したり、支払うのを忘れたりするようになっていったんです。

カード会社から催促の電話がかかったりしていたんですけど、無い袖は振れませんので、適当に支払うようなことを伝えておいたり、カード会社からの電話だってわかったら無視したりしてました。

んで、それから「ご返済のお願い」とか「お支払いのお願い」とかの文面の催促状(はがきや手紙)が届いていたんですが、こっちは本当に金がないんで、基本、カード回しによる支払いのやりくりから漏れた分は待ってもらうしか無いって感じですね…

で、それから何ヶ月かしたら、なんか封筒が届いてて、「債権回収会社に業務を委託した」とか書いてありましたんですけど、その直後から、職場のマックにまで催促の電話がかかってくるようになって、本当に迷惑なんでやめて欲しい感じです。

また、最初の頃に契約したクレカの何枚かは、「利用停止になった」っていう通知を既に受けてます。

で、その後、債権回収会社の業者が自宅に取り立てに来たんですよ。

なんか法律で規制されているらしくて、想像してたみたいに「殺すぞゴルア!」とか「ワレ、海や山か好きな方を選ばんケ!?」とか、「タコ部屋に運ぶけん、今すぐ荷造りばせんか!」とかいう感じじゃなかったんですけど…

気持ちを押し殺したような凄みのある態度で、「いつ返済できますか?」とか、返済金額の確認と、返済の予定を中心に色々と聞かれて、正直、無言の威圧みたいなのを感じましたし、今後は居留守を使いたい感じでしたね。

本屋で借金関係の本を立ち読みした

金融・ファイナンスのコーナーで借金関係の本を立ち読み
金融・ファイナンスのコーナーで借金関係の本を立ち読み

で、どうしようもなく人生に行き詰まった感じになって、もの凄く悩んで悩み抜いて、でも良いアイデが浮かんでこなかったんで、普段は行かない本屋に行ったんすよ。

んで、金融・ファイナンスのコーナーに行って、借金関係の本を何冊か立ち読みしてきました。

すると、債務整理って言って、借金の問題を専門家に相談して、何とかできる制度があるみたいじゃないですか?

で、債務整理には任意整理と自己破産、個人再生があるみたいなんですけど、ボクはどれに該当するんでしょうね?

ちょと本屋で立ち読みするくらいでは、任意整理、自己破産、個人再生の間の区別がつきにくかったんで…

借金の本をそっと棚に戻してから、(借金取りたての自宅訪問もありましたし)自分のおかれた境遇が少しずつ見えてきて、正直、寒々とした気持ちで家路につきました…

ボクは自己破産ですか?

ボクは、どうしたら良いんでしょうかね…?

自己破産ですか?(←捨てられている子犬のような目つきで)

借金を帳消しにしようと思って、バイト代で、パチンコとか競馬、そして、外貨FXをやったのが逆に悪かったみたいで、着実に借金が増えてます。

DJは本業だし、これからも続けるつもりなんで、田舎に帰って、実家で親と同居しながら活動したほうがいいんですかね?

こっちに住み始めてから、なんかイライラしてきたし、カネも気持ちの余裕も段々なくなってきて、多重債務になって生活が回らない状態になってきて、オンナを売り飛ばそうかとか、合法ドラッグを売って借金を返そうかとか、そういう悪い考えを抱くようになってきました。

これって、ヤバイですかね?

オレを救って下さい!

とりあえず、いまの多重債務の借金地獄から抜け出したいんです。

求むアドバイス!

借金生活から抜け出して、真っ当な社会生活を送れるようになりたいですよ!

債務整理とは?

債務整理とは、専門家(法律家など)に相談して借金を整理し、その減額と過重な金利負担からの解放を目指す手続きのことを指す。

安易な考えで借金をした結果として、激しい取り立て行為に直面するケースが珍しくない。

また、その結果として、自殺をしたり夜逃げをする事例が数多く存在するが、ネガティブな想念に取り付かれ、身動きの取れない状態に陥る前に専門家に債務整理の相談をするべきだといえる。

債務整理のやり方は4通り

まず、債務整理と一括りに表現されるにしても、実際には次の4通りの方法がある。

・過払い金返還請求
・任意整理
・自己破産
・個人再生(民事再生)

◇過払い金返還請求

デメリット

・過払い請求先の貸金業者(消費者金融など)から再び借金をすることが困難になる

メリット

・払いすぎた分の利息(過払い金)が戻ってくる可能性がある
・専門家が(消費者金融などの)貸金業者と直接交渉するので負担が軽い(裁判所を通さない)
・周囲に借金の存在を知られることなく手続きをすることが可能
・信用情報機関(ブラックリスト)に登録されない

◇任意整理

デメリット

・信用情報機関(ブラックリスト)に5年前後掲載され、その期間において、新しく借り入れたり、カードを利用したり、ローンを組むことができなくなる
・話し合いにより過払い利息分と借金額とを相殺する行為であり、裁判所を通して強制的な借金免除の手続きが行われるわけではない
・貸金業者(消費者金融など)が強硬な態度をとり、和解が成立しない場合がある

メリット

・返済の負担が大幅に軽減される
・専門家が(消費者金融などの)貸金業者と直接交渉するので負担が軽い(裁判所を通さない)
・周囲に借金の存在を知られることなく手続きをすることが可能
・任意整理の依頼をすると、速やかに取り立て行為が停止するので、精神的な安息を得ることができる
・(借り手の苦しみの原因である)過重な金利の将来利息がカットされる
・官報に掲載されない(第三者に周知されない)
・職業制限、および資格制限がない
・一部の貸金業者を除いて手続きをすることが可能
・過払い金が発生していたケースでは借金が減額されるなどする

◇自己破産

デメリット

10年以内の期間について信用情報機関(ブラックリスト)に掲載され、その期間において、新しく借り入れたり、カードを利用したり、ローンを組むことができなくなる
・20万円以上の価値のある財産(持ち家など)が処分される可能性がある
・3ヶ月~半年間程度、一部の職業につけない(弁護士・司法書士・税理士など)
・場合により借金が免除されない可能性がある
・官報に掲載される

メリット

・借金が免除される。
・客観的な見地から支払い困難な場合、誰でも手続き可能
・申立後、貸金業者からの取り立て行為が停止するので、精神的な安息を得ることができる

◇個人再生(民事再生)

デメリット

10年以内は信用情報機関(ブラックリスト)に掲載され、その期間において、新しく借り入れたり、カードを利用したり、ローンを組むことができなくなる
・官報に掲載される
・債務整理の中では最も手続きが複雑で、そのために費用や手間、そして時間がかかる
・一部貸金業者を除いての手続きをすることができない
・減額後の借り入れについて、原則3年間以内に完済する必要があるため、継続的な収入を見込める人のみが対象

メリット

・マイホームを手放さなくて済む(住宅ローンを組んでいる場合)
・借金が大幅に減額される(借金の総額を3年以内に返すことを条件に、総額1500~3000万円の場合300万に、3000~5000万円の場合はその10分の1になる。住宅ローン以外の借金総額が5000万円以上の人は民事再生不可
・資格の制限がない
・ギャンブルの様な原因の場合でも手続き可能(自己破産では駄目)
・20万円以上の価値があるものを処分せずに手続きをすることが可能
・申立後、貸金業者からの取り立て行為が停止する(精神的な安息を得ることができる)すべての借金から解放されたい、金額を減らした上で返済したい、マイホームは処分したくない、払いすぎた利息を取り戻したいなど、目的により債務整理をする手段は複数ある。

個々人のおかれた状況によりベストな解決方法は異なるので、専門家とよく相談した上で決定するべきだといえる。

相談する前に書類を揃えておく

なお、専門家に相談する場合は、(最低でも)下記の書類をそろえたり、内容を承知していた方が話がスムーズに進む。

・身分証明書(免許証・住民票など)
・債権者の一覧表(借入先の店舗名(貸金業者名)、住所と連絡先、債務の金額、借り入れを始めた日付)
・借り入れの契約書、明細書、請求書
・クレジットカード(すべて)
・預貯金の通帳
・収入の状況が分かる書類
・生活保護や年金の受給証明書

 

なぜ債務整理で借金が減額されるのか?

どうして、債務整理をすると、借金を減額できたり、場合によっては全額を払わなくてよくなるのだろうか。

それは、債務整理においては、貸金業者側の違法性を突くからである。

つまり、貸金業者の中には“グレーゾーン”の中で高額の利息をつける業者が存在し、銀行系で 8~18% 前後のところを、消費者金融は29.2% の利息を取っていたりする。

さらに、例のヤミ金業者については、その悪質さ極まれりというレベルで、10日で5割の利息を設定していたという。

過重な金利負担で借金をいつまでも返すことができず、また、その利息を払うことも困難になり、新たに別の貸金業者から借り入れる場合がある。

そうして多重債務の状態となり、その貸金業者に対しても当初の業者と同様の関係が構築され、延々と同じ様な悪循環が繰り返されていく結果、借金だけが膨大な金額に膨れ上がるケースが少なくない。

しかし、元が100万以下の借金であれば、利息の上限は18%なのであり、それ以上の請求は実は不当なものなのである。

そのため、専門家に相談することにより、不当に請求された分の借金を減額させることができる。

多重債務の問題の相談は「名村法律事務所」へ

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

名村法律事務所のサイトでは、匿名(氏名・住所不要)かつ無料で、多重債務の問題、および、過払い金や債務整理の相談ができる。

具体的には、メール・電話という形で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイス(診断)を受けることができる。

収入と支出のバランスが悪く、何枚もクレジットカードや消費者金融のカードを作ってカード回し(多重債務)の状態になっている。

そして、債権回収会社による借金の取り立てを受けている場合も、弁護士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様に解決できるのかを確認の上、問題解決のための依頼をするかどうかを判断したらよいだろう。

この「名村法律事務所」では、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトにアクセスし、アドバイスを受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

住宅ローンの返済ができなくなったけど、どうしよう?

住宅ローンを滞納した

住宅ローンを滞納した
住宅ローンを滞納した

私は、最近、毎日のように悩んでいる。

どうしてかというと、いま住んでいる家(一軒家)の、住宅ローンを滞納する状態になったからだ。

ところで、私は、地方の高校を卒業してから、都内の大学に進学して、ある上場企業に就職した。当時は、氷河期世代の5年前くらい前で、まだバブル景気の余韻が残っている時期だったんだ。

売り手市場で希望する企業に就職

売り手市場で希望する企業に就職
売り手市場で希望する企業に就職

だから、就職事情はそれほど悪くなかったし、むしろ、まだ売り手市場だったから、希望する企業に就職することができたし、おいしい思いもすることができた。

それで、就職した企業で一生懸命働いていたんだけど、ある程度年月が経過してから、大学時代から付き合っている彼女と結婚することにしたんだ。

彼女が妊娠して一軒家に移住

結婚したので一軒家を購入した
結婚したので一軒家を購入した

それは彼女が妊娠したからなんだけど、それをよい機会として、埼玉の一軒家を購入して移り住むことにした。

埼京線沿線で、交通の便と立地がとてもよいように感じたんだ。

具体的には、通勤時間が40分くらいで、職場まで乗り換え1回だった。

35年の住宅ローンを組み、安心して仕事をした

組んだのは35年間の住宅ローン
組んだのは35年間の住宅ローン

それで、まだ働きはじめて数年で、給料が安いし手持ちの資金も余裕がない状態だったから、35年の住宅ローンを組むことにしたんだ。

当時、私はノリノリで仕事をしていたし、職場の先輩の話によると、これから給料は上がる一方だから、住宅ローンの返済や滞納については全然心配しなかった。

むしろ、(滞納なんか一度もせずに)もっと短期間に返済できるだろうと考えていたんだ。

そうして、住宅ローンを返済しながら、妻と子供には不自由をさせないように一生懸命に働いてきた。

中間管理職になったが同期の多くは退職していた

勤続15年後に中間管理職に
勤続15年後に中間管理職に

15年後、私は中間管理職になっていた。

それは、一生懸命働いてきた結果なのだと思う。しかし、その一方で、同期で入社した仲間たちの多くは、すでに退職していたのだった。

原因は様々ある。

人口減少・円高・新興国の台頭により業績が悪化

新興国の成長が業績の悪化をまねいた
新興国の成長が業績の悪化をまねいた

まず、1997年頃から日本の総人口が減少し始めていた。

いまにして振り返ると、私が入社した当時も、その影響を受けて業績が徐々に悪化しつつある時期だったんだ。

次に、円高の影響を受けた。

国内向けの業績が頭打ちなら海外に打って出たいところだが、円高が長く続き、商品を輸出しても輸入国にとっては割高に感じられて不利な時期が続いた。

3番目に、新興国が台頭して相対的な競争力が低下した。

私が入社した頃は、まだ「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の余韻が残っていたが、韓国や台湾、そして中国や東南アジア諸国が徐々に地力を付けてきて、日本企業の競争力は地盤沈下していった。

このことには、過度な円高が続いたことも影響するし、また、金に目がくらんで韓国などに企業秘密を漏洩する様な不届き者の存在も影響したと思う。

今度は自分が“名ばかり中間管理職”に

数年前には窓際社員に
数年前には窓際社員に

このような経緯を経て、我が社の業績はみるみる悪化してゆき、同期入社組の多くは、すでに退社した状態だ。

そうして、その後はどうかというと、IT化の進展やオフショアの推進、正社員率の低下などが複合的に作用し、企業の業績は回復しないわで・・・

つまり、実のある中間管理職の地位を追われ、名ばかり中間管理職(つまり窓際社員)になったのが数年前の話だ。

住宅ローンが返済できなくなり滞納した

それで、労組と協同して頑張ってきたんだが、昨年、ついに会社にいられなくなった。
そして、失業給付をもらって生活してきたんだけど、先月分が最後だったんだ。

だから、私は、妻がいて、子供もまだ学生だけど、支出をチェックしていて、住宅ローンの返済を続けることが困難になったことに気づいた。

実際、直近分のローン返済分を滞納してしまったんだ。

滞納が続くことが明らかだから任意整理・任意売却をして処分したい

任意売却を決めた理由は住宅ローンを払い続けられる見込みがないから
任意売却を決めた理由は住宅ローンを払い続けられる見込みがないから

新しく仕事を見つければ住宅ローンを払い続けることはできるのだけど、なかなか仕事を見つけることが難しい年齢になってしまったこともあり、すぐに仕事は見つからないことを覚悟している。

それで、このままの失業状態が続くと、住宅ローンを滞納し続けることになるので、家族と相談しすることにした。

息子は「僕はまだ学生だし、住宅ローンを代わりに払うことはできないよ」と言う。

妻は「この家を任意売却してローンから自由になって、それからやり直しましょうよ」と言った。

相談した結果、いま住んでいる一軒家を任意売却、あるいは任意整理で処分してから、賃貸物件に移った上で就職活動を再開することに決めた。

まず、(任意売却をして)月々の住宅ローンの呪縛から解放されないと、滞納の問題を解決できないという判断をしたということ。

また、仮に、当分は返済できる状態だとしても、まだ15年前後の返済期間が残っているから、任意売却をした上で賃貸に移った方が得策だという考えによる。

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンが多く残っており、住宅が売れた際の金額よりも多い(債務超過)状態で、住宅を売却し、債務と相殺(返済)する手続きのことをいう。

つまり、住宅ローンの支払いを続けられない状態になると(専門家に相談して)、まず、債権者(金融機関)の合意を得る手続きをする流れとなる。

そうして、住宅を売却する一連のプロセスのことを任意売却という。

なお、住宅を売却した、その売却代金については、住宅ローンの残債と相殺する形で返済される。

任意売却なら抵当権を解除して売却することが可能

住宅ローンを組んでいる不動産には抵当権が設定されている(借金のカタになっている)ため、本来は勝手に売ることができないが、任意売却であれば抵当権を解除して売却することができる。

そうして、債務全額は精算しない形で、住宅を売却することができることが任意売却の利点だといえる。

しかし、本来は借金全額を支払う契約になっているので、任意売却をする際は債権者の同意を得る必要がある。

また、任意売却により売却金額債務残高を相殺して残った分の借金については、自己破産、示談、時効が来るまで待つ、などの対応方法がある。

選択を誤らないように、専門家のアドバイスに耳を傾け、最前の方法を選択するべきだろう。

任意売却の原因

・住宅ローンを払えない、または支払いを続けたくない
・ローンのリスケジュール交渉に応じてもらえない
・銀行から督促状・催告書が届いた
・不動産が差し押さえられた
・担保不動産競売開始決定通知書が届いた
・失業した
・離婚した

任意売却のデメリット

手続き交渉に手間がかかる(専門家への相談が必要)
・債権者(金融機関)が任意売却に同意しない場合がある(希望価格が折り合わないケースを含む)
・(連帯保証人付きの場合)保証人が同意しない場合がある

任意売却のメリット

・競売よりも有利な金額(市場相場に近い金額)で売却することができる
・(売却後に残った借金について)債権者と交渉して無理のない返済計画を立てることができる
引越の時期を交渉できる
・(競売と異なり)周囲にプライバシーが晒されない

最善の方法を選択するために専門家に相談する

失業、病気、将来設計の変更などが原因となり、住宅ローンの支払いを続けることができなくなった場合、滞納が続くと不動産(住宅)が競売にかけられることとなる。

専門家のアドバイスを受けることにより、よりよい条件で問題を解決することが可能性であり、“住宅ローンの問題で生活に困難が生じている”場合、早期に(任意売却を含む)相談をすることが大事だといえる。

“秘密厳守”で住宅ローン滞納の問題の無料相談ができる名村法律事務所

名村法律事務所
住宅ローン滞納の問題は名村法律事務所で無料相談

名村法律事務所のサイトでは、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この名村法律事務所では、メール・電話で、相談実績豊富で25年以上のキャリアがある事務所の弁護士が相談に応じている。

そして、住宅ローンの滞納や、それにともなう任意売却、任意整理などの手続きの必要の有無について、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

遊ぶためにカードでキャッシングをしていたら借金地獄に

得だと聞いてクレカを作った

得だと聞いてクレカを作ってキャッシング
得だと聞いてクレカを作ってキャッシング

高校卒業後、新卒で自動車工場に就職して働いてきた者(男)です。

ある時、友達から作ったほうが得だって聞いて、クレカを作ったんです。

それから、深く考えないで気軽にキャッシング借り入れ)をしていたら、大変な状態に陥ってしまいました。

まだ社会に出たばかりの新社会人の頃は、誰だって好奇心旺盛で、友達と遊びに行って羽目をはずして楽しんだりしたいじゃないですか?

この頃に、自動車の免許も取りますしね。

それで、免許も取ったことだし、中学・高校時代からの悪友たちとカラオケに行ったり、街でナンパしたり、みんなで車で海に遊びに行ったりしてきたわけです。

一方、自動車工場の方は、高卒未経験からですから、手取りで15万円くらいです。

足りないお金はクレカのキャッシングで穴埋め

それくらいの収入でも、なにもしなければ足りるんですけど、ナンパした女の子に食事をおごってあげたり、彼女とお泊まりしたり、みんなで遊びにいったりすると、途端に金が足りなくなってきます。

そういう時に、クレジットカードでキャッシング借り入れ)をしてしまうんです。便利だなって感じで。

自分の考え方が甘かったんだと思いますが、遊びなどでお金が必要だけど、給料前で現金がないときにカードの借入枠を使って、足りない分を穴埋めしてきたんです。

それで、そのクレカの借入枠が埋まると、新しいクレジットカードを作って、その借入枠で穴埋めをしました。で、そのカードの借入枠いっぱいになると再度次のクレカを作るという、その繰り返しです。

何枚もクレカを作り借り入れを繰り返していたら多重債務状態に…

何枚もクレカを作って借入限度額までのキャッシングを繰り返していたら…
何枚もクレカを作って借入限度額までのキャッシングを繰り返していたら…

収入は手取り15万円なのに、社会経験が乏しいこともあって、そういうことをするとどういう結果になるのか本当にわからなくて…

それに、クレジットカードで借りられるとわかっているから、気持ちも大きくなってしまっていたんです。

借りたお金なのに、「自分のお金」だと勘違いしていた部分もあったと思います。

それで、結局、銀行系だけでなく、消費者金融系のカードを含めて10枚くらいクレカを作って借入限度額までキャッシングすることを繰り返していたら、気が付いたら多重債務状態になっていて、300万円くらいの借金を背負っていました。

それで、ある時に目が覚めたというか、具体的には、沢山のプレゼントをしたりと貢いできた女の子に絶縁されて目が覚めたんですが、手取り15万で300万の借金って、ちょっとヤバイですよね?

はじめて危機感をもって、その事を悪友の一人に話したら、「お前、そりゃ大変な状態だよ」と言われました。

また、別の友達に話をしても、「そういうのを多重債務って言って、任意整理自己破産しないと駄目なんだよ」って言われます。

ギャンブルや投機で借金をチャラにしようとしたら逆に借金が倍増

その後、ちょっと現実逃避して、パチンコ・競馬・FXで借金をチャラにしようとしたけど無理で、結局は損をして、ギャンブルや投機のせいで逆に借金が500万円くらいまで増えました。

実は、クレジットカードやキャッシング、あと借入枠みたいな、つまり、お金のこと、借金のことについて充分な知識がないんですが、自分が多重債務の状態なんだろうなってことは(友達に指摘されたので)、何となくわかります。

これからも真面目に働いていきたいと考えていますし、今の状態を、つまり、この多重債務の問題をうまく解決することが出来るんでしょうかね?

それで、この借金の問題について、多重債務・任意整理・自己破産について詳しい専門家の意見を伺えたら、とても助かります。

多重債務問題の解決は「名村法律事務所

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

名村法律事務所のサイトでは、匿名(氏名・住所不要)かつ無料で過払い金や債務整理の相談ができるようになっている。

具体的には、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイスを受けることができる。

遊びに行くための資金の不足分をキャッシングの借入枠で穴埋めし、にいつの間にか多重債務の状態に陥ったような借金の問題も、弁護士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様な対応を受けるのかを確認の上、問題解決のための依頼をするか判断したらよいだろう。

この名村法律事務所では、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトににアクセスし、アドバイスを受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

流行のショップを開店したが経営に失敗、多額の借金が残った

流行に乗ってカードショップを開店・開業

トレーディングカードって、凄い人気だったじゃないですか?

プレミアものの価値があるトレーディングカードとか、珍しいカードには小中学生が群がっていて・・・

そんなトレーディングカードを扱うショップが次々と開店して、私も、そんなブームの恩恵にあずかろうと考えて、おしゃれな通りにカードショップを開店・開業したんです。

開業の相談をした経営コンサルタントの人も「絶対儲かるよ」と当時は太鼓判を押してくださいましたし、店内のレイアウトや内装のデザインの為に何百万円も使いました。

開業資金の足りない分は借金で

絶対に、凄く儲かるだろうなっていう確信があって、だから、開業資金の足りない分は借金をしたんです。

その借り入れについては、これから商売が軌道に乗って、ガンガン儲かって、すぐに借金返済できるだろうと考えていました。

だけど、実際はそうならなかったんです。

まもなくしてブームは右肩下がりに

開店後まもなくして、トレーディングカードのブームが右肩下がりになっていきました。あっけなく、「流行が終わってしまった」んです。

そして、その後、私のショップにはお客さんがほとんど訪れず、まったく客足がない日も珍しくなくなりました。

お客さんが来るにしても、小学生や中学生が陳列されているカードを眺めながら、ワイワイ雑談して、そのまま帰っていくようなパターンがほとんどです。

売上不振で借金が800万円

結果、私のショップでは売り上げが数千円前後という売上不振の日々が続いていて、その一方で、店内レイアウトの費用や仕入他の諸経費のために、現在、私は800万円位の借金を抱えているという状態です。

まさか、こんなに呆気なくトレーディングカードのブームが終わるとは思ってもいませんでしたが、開店・開業を相談した経営コンサルタントに対しても、「許せない」という気持ちがあります(その経営コンサルタントは訴えてやろいと考えていますが、それはまた別の話ということで)。

見込みがないのでショップの閉店・廃業を決めた

とにかく、もう今のお店に見込みがないということはわかりましたので、夫にも相談し、閉店・廃業することに決めました。

とにかく、もう今のお店に見込みがないということはわかりましたし、このまま続けても借金が増えていくだけですので、夫にも相談し、ショップを閉店・廃業することに決めました。

この、事業に失敗して残った借金の問題について、任意整理や自己破産についての知識を有する、専門家に相談できたら幸いです。

事業に失敗して多額の借金が残った場合は「名村法律事務所」

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

名村法律事務所のサイトでは、匿名(氏名・住所不要)かつ無料で過払い金や債務整理の相談ができるというもの。

具体的には、メール・電話という形で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイス(診断)を受けることができる。

開店・開業したショップの経営が上手く行かず、開業資金などのための借金の問題で苦しんでいる、つまり、事業に失敗して多額の借金が残った場合も、弁護士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様に解決できるのかを確認の上、問題解決のための依頼をするかどうかを判断したらよいだろう。

この「名村法律事務所」では、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトにアクセスし、アドバイスを受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

ギャンブルにはまり多重債務に

パチンコにはまった原因はビギナーズラック?

ビギナーズラックでパチンコにはまった
ビギナーズラックでパチンコにはまった

パチンコ、面白いですよね。

高校在学中に、はじめてパチンコをやったら、ビギナーズラックで7万円も勝ったこともあり、それから病みつきになりました。つまり、パチンコにはまったわけです。

あの大音量の室内音楽と騒音の中、パチンコ台に向かっていると、色々な工夫がしてあって飽きないし、なんかアドレナリンみたいのが出ているみたいで、精神的な興奮状態が続くんですよ。

で、パチンカー歴が長いんで、近所のパチンコ店の状況は大体把握しています。

パチンコ依存症の異常な精神状態

パチンコ依存症の主婦とか、小さな子供を車内に置き去りにしてパチンコをしている奥さんとかをチラホラ目にしますし、危ないと感じますね。

先日なんか、店内で、病んだ目つきの主婦から、「2万円でどお?」と主婦売春の声をかけられましたよ。

やつれた感じだったのでご遠慮しましたが、そういう主婦は、すでにパチンコ依存症で、病んだ印象を隠しきれていないですね。

一度勝てば今までの負けはリセット

実際、サラ金とか闇金から借金しているのかもしれないけど、私自身、借金をしてパチンコをやっているわけです。

やっぱり、はじめてやったパチンコで7万円儲けたから、それで味を占めてしまったんでしょうね。

それで、「また儲けてやろう」と考えて、またパチンコ屋にいくわけです。

それで、その日は負けたとしても「次に来たときには大勝ちしてやる」とか考えて、全然反省しません(笑)

で、

負・負・負・勝・負・負・勝・負・負…

みたいな戦績になるわけですけど、アドレナリンがでちゃってて、打っている最中は興奮するから、「一度勝てば全部リセットする」みたいな感じで、客観視して「トータルで収支がマイナスになっている」とか、あんまり考えてこられなかったわけです。

キャッシング(借り入れ)をしてパチンコ屋に通う日々

それで、一時期は、自分自身がパチンコ店に一日中入り浸りの状態になって、パチンコでお金を使って文無しになると、消費者金融とかで借金して、そのお金を持って再びパチンコをやりにいくようなことを繰り返していました。

パチンコでは、負けても数万円なので、一度にそんなに大きな金額の借金をするわけじゃないんですが、気持ちの上では、勝つ度に「すべての負けた分をリセット」してしまいます。

一方、負けると足りない分はキャッシング(借り入れ)をしてリベンジに向かい、そんなことを延々と繰り返していたら、いつの間にか、多重債務の状態になってしまったんですよね。

気がついたら消費者金融からの借入額が80万円に

結果として、パチンコにはまった結果、複数の消費者金融からのキャッシングで、80万円くらいの借金をしていました。

で、高校からの腐れ縁の友達にこの借金のことを話したら「お前、それヤバイよ」と言われたんです。

なんでかって言うと「パチンコで借金して、自己破産とかしてる人いるよ?」と言われ、それで目が覚めかけたわけです。

実際、私は、パチンコ依存症に近い状態だったんだと思います。

仮想通貨FXで儲けて借金を全額返済だ!

それで、どうしようかと思ったんですが、雑誌とかから情報収集して、この借金を仮想通貨FXで儲けてチャラにすることに決めました。

種銭の30万円を別の消費者金融からキャッシングしてレバレッジ20から50倍くらいで始めると、仮想通貨FX…面白いじゃないですか!?

アドレナリン出まくりのウキウキした気分になりますね。

この一瞬の値動きの緊張感・スリルがたまらないんです。

負けると悔しいけど、読みが当たった時の充実感や満足感、幸福感は何物にも代えがたいものがあります。

…で、10日間くらいで(キャシングした)30万円を溶かしました。これって、ヤバイですかね?

それで、この複数の消費者金融からキャッシング(借り入れ)をした110万円(利息を含めたらもっと借りています)を返すあてがないんですが、この借金の問題をうまく解決することが出来るのかどうか、知りたいし、この問題について、任意整理や自己破産についての知識を十分に持っている専門家に相談できたら嬉しいです。

ギャンブルによる借金の問題解決は「名村法律事務所」

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

「名村法律事務所」では匿名(氏名・住所不要)かつ無料で債務整理などの相談をすることができる。

具体的には、メール・電話という形で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイス(診断)を受けることができる。

ギャンブルにはまって借金をしてしまい、多重債務の状態に陥った場合も、弁護士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様な対応を受けられるのかを確認の上、依頼をするかどうかを判断したらよいだろう。

この「名村法律事務所」は、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトににアクセスし、助言を受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

借入枠を財布代わりにした結果、取り立てに怯える日々

合コンで出会った彼女

彼女とは合コンで出会った
彼女とは合コンで出会った

彼女に貢いでいたら地獄が訪れたんですよ。

学校を卒業して、フリーターをしながらぶらぶら遊んでいたんですけど、ある時、学生時代の友達に合コンに誘われたことがありました。

その合コンに、彼女になる子が来て、話をしたら趣味や興味のある話題が同じだったので、意気投合して、一緒に遊びに行くようになりました。

それで、かわいい系の彼女だったんですけど、デートみたいな感じで遊びに行くと、お金がかかるんですよね。

デートのたびに万単位のお金が消えていく

食事も、映画も、ディズニーランドみたいな遊園地も、動物園も、水族館も、そして、飲みに行くのも、遊びに行くもの、ホテル代も支払いは僕持ちで、また、自分でも見栄を張って付き合っていたので、デートをする度に、万単位のお金が消えていく感じでした。

今思い返すと、彼女に貢いでいたようなもので、彼女にとっての自分は「アッシー君」とか「メッシー君」と同じ様な存在だったのかもしれないと思います。

一方、僕はフリーターで、月々の収入が少ないので、彼女とデートするためのお金が足りない状態でした。

デート費用の足りない分はクレカのキャッシングで補填

それで、学生時代、すでにクレジットカードを作っていたので、デートをするために足りない分のお金は、クレカでキャッシングして穴埋めするようになりました。

当時、クレカキャッシング借り入れ)に対する知識が決定的に不足していたので、クレカのキャッシング借入枠を「自分の財布」だとでも勘違いして考えて利用していたことをよく覚えています。

やがて、クレカでキャッシングできる借入枠が埋まったんですが、僕は、彼女と遊びに行くお金を確保することができないと困るので、別のカード会社と契約して新しいクレカを作りることにしました。

借入枠を財布代わりにしていたら借金が100万円に

そうして、今度は新しいクレカのキャッシング借入枠を「財布代わり」にして、その借入枠が限度を迎えると、また同じことを繰り返して、というサイクルを何度も繰り返した結果、銀行系と消費者金融系の複数の金融会社から、100万円近い借金をしている状態になりました。

つまり、実質的な多重債務の状態になって、その頃になって、怖くなってきたんです。

「なんで俺、デートのために借金しているんだろう」って…

それで、彼女にこの話をしたら、親切に相談に乗ってくれるに違いないと思って、彼女に相談してみました。

結果、彼女に縁を切られました。

しかし、当然、僕の借金の方は残っているわけです。

借金取り立ての電話や訪問に怯える日々

一番怖いのは、借金取り立ての怖い人が電話してきたり、直接、アパートに取り立ての訪問してくることです。

怖いので居留守を使ったり、電話に出ないようにしています。

借金をして、利息や元本を払えなくなったので、自分が悪い、責任があるのはわかっていますし、借金についての十分な知識がない状態で、カードのキャッシング借入枠を「自分の財布のように」使ったのが間違いだったのだと今ではわかります。

それで、彼女に貢ぐためにキャッシングしたお金の問題について、円満に解決することができるなら、どうすればよいのかを教えて欲しいんです。

現状として、借金取り立ての電話や自宅訪問が、とても精神的な負担になっているんです。

この問題について、任意整理、および自己破産の分野の知識を持っている専門家へ相談することが希望です。

「名村法律事務所」で借金の取り立てから解放

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

「名村法律事務所」というところがある。

この名村法律事務所のサイトは、匿名(氏名・住所不要)かつ無料で過払い金や債務整理の相談ができるというもの。

メール・電話という形で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイス(診断)を受けることができる。

借金の取り立て(自宅訪問や電話)に苦しめられている状態であるならば、弁護士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様な対応を受けるのかを確認の上、問題解決のための依頼をするか判断したらよいだろう。

なお、この「名村法律事務所」では、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトにアクセスし、診断を受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

生活資金の足りない分をキャッシングして多重債務者に

円安のせいで儲からなくなった

最近、本当に「人生積んできた」と感じています。

アベノミクスとかいって円安になりましたけど、円安のおかげで儲からなくなりましたし。

集団生活とか、他人と関わるのが苦手なんで、自営業者として、自室で働いているんですよ。

やれることは、テープ起こし、ネット販売、せどり、ライティングなど、なんでもやりました。

今ではネットで様々な仕事を見つけたり、仕事を得るための自己アピールをすることができます。

で、これまでは、中国から雑貨や小物を輸入して、アマゾンやヤフオク、メルカリ等で販売することによって生活の糧を得てきたんですが、円安になったために儲からなくなったんですよ。

また、なぜか注文数も減少し続けています。

仕入れ金額が1.5倍に

簡単に書きますよ?

今まで、円安になる前は、下の構図で利益を出してきていて、それが生活するための糧であったわけです。

(販売価格)9000円ー(仕入れ)4000円=(粗利益)5000円

ところが、アベノミクで円安になりましたよね?

先の構図は、円安になると下記のように変わるわけです。

(販売価格)9000円ー(仕入れ)6000円=(粗利益)3000円

これは80円から120円に円安になった計算式ですが、大ざっばに、私みたいに個人で輸入してアマゾンやヤフオク、メルカリなどで販売している層にとっては、円安で仕入れ値が1.5倍になっています。

また、最近は、尖閣の問題による日中間の緊張感の高まりが個人レベルにも反映されてきて、「中国の製品はいらない」とか「中国製品は貧乏臭い」とかいう考え方も浸透しています。

でもよく考えて下さい?

零細で商売をしている個人事業者であれ中小企業であれ、製造メーカー以外、その大半は中国あたりから輸入して日本で販売しているますよ。

それで、このような風潮の下、私の生活がどう変わったんでしょうね?

利幅が減り、販売数も減少して収入が激減

商品の利幅が減り、また、商品の販売数が減少してきて、私の収入が激減している状態です。

それに対して、現在住んでいるアパートの家賃があり、また、食べないと生きていけないので、食費もかかります。

また、電気がないとネットに接続できないので電気代もかかり、他に、オシッコをしなければならないので水道代が、風呂を沸かさなければならないのでガス代が、そして、電気だけではネットに繋げないのでプロバイダ料金などもかかります。

生活資金の不足分をキャッシングで穴埋め

それで、実際のところ、円安になって以降、私の商売は赤字の状態が続いており、その不足分について、実は、カードのキャッシングで穴埋めをしてきました。

別に、遊ぶためにキャッシングをしてきたわけではなく、毎月1~3万円くらいを借り入れてきました。

要するに、2年前くらいから、毎月の様に生活資金の不足分をキャッシングで借り入れてきて、その状態が続いて現在に至るわけです。

それで、借り入れの返済をするため、同じカードでまたキャッシングするようなことを繰り返してきたんですが、途中でキャッシングの借入枠が限度に達するようなことがあって、そういうときは、契約して別のクレカを作りました。

借金で何枚もクレカを作ってカード回しの状態に

このような状態が繰り返されて、今では、銀行系と消費者金融系のクレカを何枚も作って、190万円くらいの借金があると思います。

現在でも、返済分の足りない分は新たにキャッシングをして穴埋めをしていて(こういうのをカード回しって言うらしいんですが)、また、他に事業による収入も一応はありますので、実は、借り入れ金額を正確には把握していないんです。

また、返済は滞納せずに何とか行ってきたので、借金取りがアパートまで取り立てに来るような事態にはまだ至っていません。

複数の金融機関から190万円分くらい借りている多重債務状態

だけど、たぶん190万円分くらいはキャッシングで借金をしていて、複数の金融機関から借りているので、よく考えたら自分は多重債務の状態なんじゃないかと思います。

この問題って、うまく解決することが出来るんでしょうかね?

そのうち、返済できなくなって滞納して、こわもての借金取りが来て「怒鳴りまくられる」んじゃないかと、それが心配です。

私は、この借りたお金の問題について、今よりも良い状態に移行できたら嬉しいし、そうなることを願っているんです。

多重債務の問題は、専門家に相談すれば解決出来るものなのでしょうか?

私には借金多重債務についての充分な知識がないので、充分な知識のある専門家からアドバイスをいただけたら助かります。

専門家に相談して多重債務の問題を解決する

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

「名村法律事務所」のサイトがあるが、このサイトでは匿名(氏名・住所不要)かつ無料で債務整理などの相談をすることができる。

具体的には、メール・電話という形で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイス(助言)を受けることができる。

生活資金が足りないためにキャッシング(借り入れ)をして、多重債務カード回しの状態に陥った場合も、弁護士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様な対応を受けられるのかを確認の上、依頼をするかどうかを判断したらよいだろう。

この「名村法律事務所」は、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトにアクセスし、アドバイスを受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

不動産投資に失敗して莫大な損失と借金が

東南アジアへの不動産投資に注目してきた

東南アジアの不動産投資で成功を確信していたが…
東南アジアの不動産投資で成功を確信していたが…

以前から、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、マレーシアあたりの、東南アジアの不動産にずっと注目し、実際に投資をしてきた。

同じ東南アジアでも、外国人の不動産投資(購入)に制限がある国と、ほとんど制限のない国に分かれる。

もっとも、一軒家や土地の購入が制限されていた場合も、コンドミニアムなら購入することが出来たりする。

購入した不動産の価値が瀑上げして豪遊する予定が…

私の構想では、東南アジアの一軒家や土地、コンドミニアムなどをガンガン購入(不動産投資)して、数年後、それらの価値が瀑上げすることになっていた。

そして、札束を握って、東南アジア各国のナイトクラブで、美女を侍らせて毎晩のように豪遊する予定だったんだ(この頃には、投資に失敗するとは夢にも思っていなかった)。

ところが、現実には、そうならなかった。

不勉強が祟り現地の詐欺師の餌食に?

まず、向こうの不動産屋には詐欺的な輩が少なくなくて、相場より高値で不動産物件を売りつけられるようなことや、(不動産に投資をしたものの)ふたを開けてみると、話しをした内容と実際の契約内容が違っていることが少なくなかった。

私は、東南アジアで騙されたんだと思っている。

次に、私自身の不勉強が祟ったという面もある。

今思えば、東南アジアへの不動産投資をテーマにしている雑誌を購読したり、その手の不動産を扱う専門書を熟読したり、あるいは、現地の図書館などで、現地の不動産の相場や法律についての知識を仕入れておけば良かったんだが、わたしは、そういう努力を怠っていたんだ。

その結果、怪しげな不動産屋の言葉(儲け話)を鵜呑みにしてしまった面がある。

日本国内でも、焦った不動産デベロッパーが字面師に騙される事件があったが、東南アジアには字面師の様な不動産屋がゴロゴロ居るのに、必要な努力を怠った私が、(不動産投資の成功を夢見て)飛んで火にいる夏の虫のようにカモられに行ったような案配だ。

投資した不動産の価値が下落

また、現在、先進国のマネーは東南アジアから引き上げ傾向で、また、私が投資した不動産物件の価値が下落し続けている。

このことについては、自分でよく物件の内容や世界情勢を調べた上で投資するかどうか決めなかったことが影響していることは、今ではよくわかっているし、後悔もしている。

ところで、不動産に投資するために、自己資金だけでは足りなかったので、信用金庫、銀行などの複数の金融機関から借り入れを行ったという経緯がある。

しかし、不動産投資が失敗したことによる損失額を考えると、どう考えても、投資のために借り入れた借金を返済することが出来ない

単純に、返済するための資金がないのだ(なぜならば、投資に失敗して、その分のお金が消失したので)。

投資に失敗したので借金を返済できない

それで、現在の手持ち資金では借り入れた分の資金を返済できないので、所有している不動産を処分して返済にまわさなければならないだろう、と考えている。

しかし、実際のところ、投資に失敗したために、手持ちの不動産を処分して、借金をすべて相殺することが出来るのかどうか、まだ判然としない状態だ。

おそらく、不動産をすべて処分したとしても、一千万円単位の借金が残るに違いないだろうと思う。

ものは相談だが、このように(投資に失敗して生じた)借金の問題は、専門家に相談することにより解決できるものなのだろうか?

私には借金や多重債務についての充分な知識がないので、知識を持っている専門家から助言をもらえたら助かる。

投資の失敗による借金の問題は「名村法律事務所」

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

「名村法律事務所」のサイトがあるが、このサイトでは匿名(氏名・住所不要)かつ無料で債務整理などの相談をすることができる。

具体的には、メール・電話という形で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイス(助言)を受けることができる。

不動産の投資に失敗したために損失が生じ、また、多重債務の状態に陥った場合も、弁護士や司法書士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様な対応を受けられるのかを確認の上、依頼をするかどうかを判断したらよいだろう。

この「名村法律事務所」は、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトにアクセスし、アドバイスを受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

中小企業経営者だが、赤字と多重債務状態が続き限界かもしれない

赤字と多重債務の二重苦が…
赤字と多重債務の二重苦が…

私は、都内のある中小企業の経営者だが、現在、赤字と(個人的な)多重債務の状態が続き限界かもしれないと感じている。

これまで、紙媒体に関係する商品を中心に販売してきたが、正直、全然売れていない。

正社員が4人、そして、パソコン周りをやってくれるパートさんが1人いる小さな会社だが、今の売上げでは、その分の人件費や福利厚生、そして、雑居ビルの一室にある会社の賃貸費用がペイできない赤字経営の状態だ。

1997年頃から事業が縮小傾向に

1997年頃から人口減少に
1997年頃から人口減少に

そして、それは業界全体が縮小し始めた1997年以来、ずっとその調子なのであり、つまり、私の経営する会社は、数十年間赤字経営が続いてきたのである。

ところで、なぜ1997年なのかという話をしよう。

日本の総人口が減少し始めた年が、1997年頃であるからだ。

また、当時はインターネットと携帯電話が普及する半ばの時期にあたり、つまり、それらデジタル媒体の普及進展と相反して、紙媒体を扱う業界全体の衰退が始まったといえるだろう。

毎年赤字の状態

とにかく、年を経るに従い我が社の業績は悪化していき、今では、毎年赤字を垂れ流す状態に陥っている。

対して、社員に対する人件費や福利厚生は、すでに最低限度にまで抑えてあるから、これ以上は削れない状態だといえる。

人件費はもう削れないのに、売上が減り続けて赤字なのだから、自然、経営悪化にならざるを得ないわけだ。

社員に内緒で個人資産を持ち出した

当初は銀行などから借り入れた
当初は銀行などから借り入れた

それで、会社をどうやって維持してこれたのかというと、これまで、銀行金融公庫から借り入れを行ってきた他、実は、社員にも内緒なのだが、私の個人資産を持ち出してきた。

私の一族はある地方の名士で、また、資産家としても知られていた。今でも、その土地に帰ると、殿様ででもあるかのように扱われる。

ところで、私の兄は、今でも地元で有名な企業を経営している。

一方、、私は学生時代から東京近辺にいたし、私個人の資産もあり、次男で自由な立場だったから、今の業界で商売をやることにした。

資産減少のトレンドが続き、遂に資産ゼロに

ついに資産ゼロに
ついに資産ゼロに

ところが、会社の業績はすでに述べた通りだから、銀行から借り入れ借金)、金融公庫からも借金し、それでも足りなくて、個人資産を持ち出すようになると、私の資産は毎年減少していき、いわば、縮小均衡のトレンドに入っていったといえる。

そうして、遂には、まったくの資産ゼロになってしまったんだ。

会社を閉じる決断ができない

決断ができずに悩む毎日
決断ができずに悩む毎日

今思えば、私は、その時点で“会社を閉じればよかった”のだと思う。

しかし、私は会社経営に志を持ってやってきたし、社員の雇用のことなどを考えると、そう簡単に、会社を閉じるという決断をすることができなかった。

そう、私は、「会社を閉じようか、どうしようか」と悩みながらもそれを表面にあらわさないようにしながら、毎日、社員と顔を合わせてきたんだ。

資産が債務に転じて雪だるま式に増大

借金(債務)が雪だるま式に増大
借金(多重債務)が雪だるま式に増大

そうこうしている内、資産は個人の借金債務)に転じ、やがて複数の消費者金融から借金をせざるを得なくなり(多重債務)、いつの間にか、その多重債務の金額は約1千万円に膨れ上がっていた。

そんなある日、目を閉じて、その借金の金額について冷静に考え、ようやく、目が覚めたのだと思う。

つまり、もう業界および我が社の経営悪化の状態について、抜本的な改善傾向に転じる可能性はないだろうということに、やっと合点がいったのだ。

兄に罵倒され、自己破産を促された

兄に相談すると「自己破産しろ」
兄に相談すると「自己破産しろ」

それで、まず、兄に相談することにした。

すると、残念なことに、兄は、まるで一族の穀潰しであるかのように私を罵倒し、そして、金を貸してくれるでもなく「はやく自己破産しろ」といって債務整理についての乱暴な助言をしてから、そっぽを向いてしまったのだった。

それで、多重債務状態の私の借金は、日々、数万単位で増大する状況にあり、いよいよ精神的に追い詰められてきたので、私は、勇気を出して、会社のことや多重債務状態の私の借金のことなどについて、社員たちに相談してみることにした。

社員たちと相談して会社を閉じることに

社員と相談して決断
社員と相談して決断

それで、相談する場を設けたところ、やはり、「会社を閉じましょう」という結論になった。そして、早く相談しなかったことを咎められもした。

社員たちは、「自分たちは蓄えもキャリアもあるし、自分の仕事はそれぞれでがんばって探す」というのだ。

そして、むしろ、私の(多重債務状態の)借金の方を心配されるという始末になった。

自由になるための債務整理

債務整理をして多重債務から自由になる
債務整理をして多重債務から自由になる

社員たちが言うには、私はFXや商品先物の様な投機で借金をこしらえたわけではないから、債務整理の手続きをすれば、おそらく、(任意整理か自己破産で)今後のことは何とかなるでしょう、というのである。

それで、今回、勇気を出して債務整理の手続きに入ることにした、という次第だ。

ところで、匿名(名前&住所不要)かつ無料で債務整理の悩みを相談をすることができる名村法律事務所という場所がある。

この名村法律事務所では、過払い金請求、任意整理、自己破産、民事再生などの相談について25年以上の実績がある弁護士のいる事務所に、名前・住所不要、かつ相談まで無料で、自分の借り入れ状況に適した債務整理の方法についての助言を受けることができる。

相談までは弁護士が何度でも無料で対応してくれるので、借金の問題で苦しんでいるならば、一度、相談してみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

友人の連帯保証人になったら多額の借金を背負わされた

信頼していた友人の連帯保証人になって騙された

仲のよかった友人に連帯保証人になることをお願いされ…
仲のよかった友人に連帯保証人になることをお願いされ…

「騙された」というのが、今の正直な気持ちです。

何の話かというと、学生時代に仲のよかった友人の連帯保証人になったんですよ。

その友人とは学校で同じサークルだったんだけど、親分肌なところがあって面倒見がよかったので、仲間内では信頼されていました。

だけど、卒業後の永い期間、音信不通のようになって、その友人についての記憶も曖昧になってきていたんだけど、昨年、久しぶりに連絡があって、彼を含めた、仲の良かったメンバーで飲み会をしたんです。

その飲み会の場で、昔話に花が咲いて、その友人とも携帯の番号を交換しました。

友人は生き生きとした表情で事業の話をはじめた

その後、飲み会があってから一週間くらいしたら、例の友人から携帯に連絡があって、「2人で会って話をしたい」とのこと。

で、実際に飲み屋で友人と会ったら、「絶対に儲かる事業を始める。」という話をはじめ、エネルギッシュに、いきいきとした表情で語り続けたわけです。

私は、彼の学生時代における人柄を覚えていましたので、まんざらおかしな話だとも感じず、「そんなに有望な話なら頑張ってよ」というようなことを話しました。

この事業には連帯保証人が必要なんだ

そうすると、今度は、「だけど、この事業には連帯保証人になってくれる人が必要なんだ」と言うではないですか。

当時の私は、連帯保証人について、曖昧な知識しか持っていませんでしたが、その言葉に、何となく「危険なにおい」を感じて、ちょっと鬱な気持ちになりました。

しかし、目の前の友人は、熱意のこもった眼差しでこちらを見て、事業のポジティブな見通し、いかに大きな利潤を獲得できるかについて精力的に喋り続けます。

友人の学生時代のポジティブな印象と胡散臭い投資話の間で葛藤が…

その話を上の空で聞きながら、私の心の中では、その友人の学生時代の頼もしさや親しみと、現在の投資話の胡散臭さが、入り乱れ、そして、葛藤し続けました。

そうして、彼が延々と話し続けたために、やがて、私は疲労し、妥協しても構わないというような心境へと変わり、結局、連帯保証人になることを承諾してしまったんです。

つまり、連帯保証人になる契約書に署名してしまいました。

金融機関から債務返済の請求書が届いた

その後、彼からの連絡は途絶え、私は、「事業を成功させるために忙しく働いているのだろう」などと暢気に考えていたのですうが、先日、ある金融機関から、何と債務返済の請求書が届いたんです。

私は、その請求書を見て愕然とした気持ちになりました。

また、先日集まったメンバーに連絡すると、例の友人とは連絡が取れなくなっており、また、別の2人のメンバーが、私と同様に、連帯保証人にされていました。

今は「騙された」という気持ちですし、また、警察署に行って相談して、探偵も雇って例の友人の行方を探っているところです。

なお、詐欺の被害にあったことが明らかである場合、最寄りの警察署の他、国民生活センターの消費者ホットラインなどでも相談を受け付けているようです。

消費者ホットライン
電話番号:(局番なしの)188番
土日祝日:国民生活センターにつながる場合あり

騙されて背負わされた借金が支払い能力を超えている

それで、請求書の話に戻ると、複数の金融機関から多額の借り入れをしていたようで、(連帯保証人になっていたために)何通も債務返済の請求書が届いたのですが、その請求額は、(支払い能力を超えており)とても私の給料で支払える金額ではありません。

わたしは、この問題をどう解決したらよいのでしょうか? また、どう解決することが出来るんでしょう?

私には借金や多重債務、連帯保証人についての充分な知識がないので、この分野の知識を持っている専門家からアドバイスをいただけたら助かります。

多重債務・連帯保証人の問題は「名村法律事務所」

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

「名村法律事務所」では匿名(氏名・住所不要)かつ無料で債務整理などの相談をすることができる。

具体的には、メール・電話という形で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイス(助言)を受けることができる。

連帯保証人になったために(騙されて)多重債務の状態に陥った場合も、弁護士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様な対応を受けられるのかを確認の上、依頼をするかどうかを判断したらよいだろう。

この「名村法律事務所」は、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトにアクセスし、診断を受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

街金(マチ金)で金を借りたら法外な利息を請求された

風俗に行きたいのに懐が…

風俗に行きたくて繁華街をウロウロしていた…
風俗に行きたくて繁華街をウロウロしていた

この前、繁華街にいたんですわ。

なんでって、風俗に行きたいのでウズウズしていたから、案内所で店を確認したりとウロウロしてました。

それで、財布を確認したら、お札がほとんどないじゃない?

「どうしようかな?」って悩んだんだけど、電話ボックスに広告が貼ってあって「スピード審査」とか「他社で断られた方も歓迎」とか書いてあったから、電話したわけよ。

理性より本能が勝って…

ちなみに、この時点で、早く風俗に行きたかったから、理性よりも本能的な衝動の方が強かった感じかな。

それで、実際に店のある雑居ビルに行って審査を受けたら「ウチでは貸せないけど別の店なら紹介できるよ」って言うじゃない?

何だか面倒くさかったけど、これも「風俗に行くための辛抱」だと思って、紹介された店に足を運んだよ。

契約書に署名して金を借りて風俗に行った

そこで、(よく確認しないで)契約書に署名して、そして免許証を見せたら、やっと金を借りられてね、やっとこさ風俗に行って、実際は、行きはホクホク顔、帰りはスッキリして賢者の様な心境で帰ったんだよ。

その後しばらくはこの事をスッカリ忘れていたんだけど、ある日、電話が来たわけね。

で、最初から怒ってて、凄んだり、怒鳴ったりされたんだけど、一番驚いたのは借金返済の請求金額を聞いた瞬間だったね。

(金を借りてた件で)びっくりするような高額の請求をされた

借金の返済金額が、実際に借りた金額よりもずっと高額になっていたんだよ。

その金額を聞いて、やっと「あの金融業者は街金マチ金)で、借りた金の利息はトサンだったんだ」って、つまり、10日で3割の利息(これって違法利息じゃないの?)を取る悪質金融業者だったんだって気づいた。

違法な利息を取る悪質な金融業者

それで、その後は、債務返済の内容証明郵便が届いたり、取り立ての担当者が訪問してきたりと、お決まりのパターンで苦しめられてる。

それで相談だけど、こういうトサン、違法利息を取る悪質金融業者の問題は、専門家に相談することにより解決できるものなのかな?

トサンの違法利息や街金(マチ金)の問題などについて知識がないので、知識を持っている専門家からの助言をもらえたら助かるんだけど。

街金(マチ金)からの借金・違法利息の問題は「名村法律事務所」

名村法律事務所
借金問題は名村法律事務所で無料相談

「名村法律事務所」では匿名(氏名・住所不要)かつ無料で債務整理などの相談をすることができる。

具体的には、メール・電話という形で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士に、自分の借金額や借り入れ状況に適した債務整理の方法についてのアドバイス(助言)を受けることができる。

安易な気持ちで街金マチ金)から借金をしてしまい、トイチ・トサン・トゴなどの違法な利息に苦しめられる状態に陥った場合も、弁護士が無料で相談に応じてくれるので、まずは相談して、どの様な対応を受けられるのかを確認の上、依頼をするかどうかを判断したらよいだろう。

この「名村法律事務所」は、借金の問題を解決させるきっかけとして、相談先としておすすめできる。

借金の問題で悩んでいるならば、相談までは無料なので、「名村法律事務所」のサイトにアクセスし、診断を受けてみるとよいだろう。

 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

なお、ヤミ金借金取り立て法外な利息で現在進行形で苦しめられている、深刻な悩みとなっている、そして、速やかな問題解決を望んでいるような場合、消費者ホットラインなどでもヤミ金の被害についての相談に対応している。

消費者ホットライン
電話番号:(局番なしの)188番
土日祝日:国民生活センターにつながる場合あり

 

失業して住宅ローンが払えなくなった

結婚して住宅ローンで一軒家を購入

新卒で電機系の大手メーカーに就職した、勤続25年程度の者です。

働きはじめてから数年で職場の同僚と交際するようになり、やがて結婚、それを機会に35年の住宅ローンを組み、郊外の一軒家に移住しました。

家と会社を往復するため、片道で1時間以上かかり、通勤ラッシュでギュウギュウ詰めにされる際の疲労には今でも慣れません。

しかし、家庭を支えなくてはなりませんので、ある程度の苦痛には耐えて、また、会社人として恥ずかしい状態にならないように今まで頑張ってきたつもりです。

バブルが崩壊して景気は下り坂に

そんなこんなで頑張ってきましたが、就職こそ大体希望する業界・企業に行くことができたのですが、働き始めた時期が丁度バブル絶頂から崩壊へと向かう過渡期でした。

それで、私が働きはじめてから、雇用制度の面において終身雇用制度や年功序列賃金制度が崩壊しまして、また、競合他社という面では韓国や台湾、後には中国が追い上げてきましたので、今思えば、環境の変化に翻弄されている間に現在に至った、ともいえます。

取り分け、電機系は中国のハイアールやレノボ、韓国ではサムスン・LGの競争力が強く国内勢は苦戦が続いているのですが、それが労働者としての自身のリストラに影響したことは悲しむべきことだと感じます。

勤め先にリストラされて再就職の活動を開始

つまり、私の勤めてきた会社は業績の悪い状態が続いており、今度の円安でも思うように業績が回復しませんでしたので、人員整理(リストラ)を実施したのですが、その中に私も含まれていた、失業したわけです。

それで、再就職先を探しているところですが、私がキャリアを積んできた電機系メーカーはどこも景気がよくないようで、まだ(就職先が)見つかっていない状態です。

また、このような状態になり、月々の住宅ローンの支払いについて、とても負担になっていると感じます。

サラリーマンとして企業に勤務していた時期であれば、給料の中から、当たり前のように住宅ローンの分を捻出することができましたが、現在は失業して、再就職先を探している状態ですから、貯金を取り崩してローンの支払い分にあてるしか仕方がありませんので。

住宅ローンの支払いが残っている家を処分したい

それで、今の状態が後どれくらい続くのか、いつになったら再就職先が見つかるのか、それを現在は思案しているのですが、このままの状態がしばらくは続くかもしれないし、また、再就職先が見つかっても、期待しているような充分な収入が得られないかもしれない、と考えています。

いずれにしても、私は20数年前、住宅ローンを組んだ当時は、右肩上がりの給与を想定しており、現在のように、失業して収入が途絶える、あるいは、収入の少ない仕事に再就職するような事態は想定していませんでした。

だから、妻とは、(任意売却で)住宅ローンの支払いが残っている家を処分して、肩の荷を降ろそうかと相談しています。

実際、住宅ローンは借金のようなものですから、任意売却で家を処分して、そして、賃貸のマンションかアパートに移ること、また、うまく再就職先を見つけることによって、人生の再出発をうまく行うことができるだろうという構想です。

それで、充分な知識もありませんので、住宅ローンや任意売却、任意整理、競売の知識のある専門家に相談したいと考えています。

住宅ローンの残っている家の処分についての相談は『名村法律事務所』

名村法律事務所
住宅ローンの問題は名村法律事務所で無料相談

『名村法律事務所』では、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この『名村法律事務所』では、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士が相談に応じている。

それで、失業などがきっかけとなり住宅ローンの残っている家を処分したい場合、住宅ローン滞納の問題、および任意売却、任意整理などの手続きの必要の有無について、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

離婚するから住宅ローンを解約して家を処分したい

結婚して住宅ローンで一軒家を購入

新卒で電機系の大手メーカーに就職した、勤続25年程度の者です。

働きはじめてから数年で職場の同僚と交際するようになり、やがて結婚、それを機会に35年の住宅ローンを組み、郊外の一軒家に移住しました。

家と会社を往復するため、片道で1時間以上かかり、通勤ラッシュでギュウギュウ詰めにされる際の疲労には今でも慣れません。

しかし、家庭を支えなくてはなりませんので、ある程度の苦痛には耐えて、また、会社人として恥ずかしい状態にならないように今まで頑張ってきたつもりです。

バブルが崩壊して景気は下り坂に

そんなこんなで頑張ってきましたが、就職こそ大体希望する業界・企業に行くことができたのですが、働き始めた時期が丁度バブル絶頂から崩壊へと向かう過渡期でした。

それで、私が働きはじめてから、雇用制度の面において終身雇用制度や年功序列賃金制度が崩壊しまして、また、競合他社という面では韓国や台湾、後には中国が追い上げてきましたので、今思えば、環境の変化に翻弄されている間に現在に至った、ともいえます。

取り分け、電機系は中国のハイアールやレノボ、韓国ではサムスン・LGの競争力が強く国内勢は苦戦が続いているのですが、それが労働者としての自身のリストラに影響したことは悲しむべきことだと感じます。

勤め先にリストラされて再就職の活動を開始

つまり、私の勤めてきた会社は業績の悪い状態が続いており、今度の円安でも思うように業績が回復しませんでしたので、人員整理(リストラ)を実施したのですが、その中に私も含まれていた、失業したわけです。

それで、再就職先を探しているところですが、私がキャリアを積んできた電機系メーカーはどこも景気がよくないようで、まだ(就職先が)見つかっていない状態です。

また、このような状態になり、月々の住宅ローンの支払いについて、とても負担になっていると感じます。

サラリーマンとして企業に勤務していた時期であれば、給料の中から、当たり前のように住宅ローンの分を捻出することができましたが、現在は失業して、再就職先を探している状態ですから、貯金を取り崩してローンの支払い分にあてるしか仕方がありませんので。

住宅ローンの支払いが残っている家を処分したい

それで、今の状態が後どれくらい続くのか、いつになったら再就職先が見つかるのか、それを現在は思案しているのですが、このままの状態がしばらくは続くかもしれないし、また、再就職先が見つかっても、期待しているような充分な収入が得られないかもしれない、と考えています。

いずれにしても、私は20数年前、住宅ローンを組んだ当時は、右肩上がりの給与を想定しており、現在のように、失業して収入が途絶える、あるいは、収入の少ない仕事に再就職するような事態は想定していませんでした。

だから、妻とは、(任意売却で)住宅ローンの支払いが残っている家を処分して、肩の荷を降ろそうかと相談しています。

実際、住宅ローンは借金のようなものですから、任意売却で家を処分して、そして、賃貸のマンションかアパートに移ること、また、うまく再就職先を見つけることによって、人生の再出発をうまく行うことができるだろうという構想です。

それで、充分な知識もありませんので、住宅ローンや任意売却、任意整理、競売の知識のある専門家に相談したいと考えています。

住宅ローンの残っている家の処分についての相談は『名村法律事務所』

名村法律事務所
住宅ローンの問題は名村法律事務所で無料相談

『名村法律事務所』では、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この『名村法律事務所』では、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士が相談に応じている。

それで、失業などがきっかけとなり住宅ローンの残っている家を処分したい場合、住宅ローン滞納の問題、および任意売却、任意整理などの手続きの必要の有無について、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

海外に移住するので住宅ローンの残債がある一軒家を処分したい

商社で働いてきたが海外の支店に栄転することになった

いつくかの社でキャリアを積んできた者だが、海外の支社に栄転となり、また、勤務が長期間になる予定なので、これを機会に、家族と一緒に海外に移住することにした。

移住を決意したのには、今まで、複数回の海外勤務を経験してきたので、現地の事情に通じていることも影響している。

現地に人脈のネットワークがあるので、もし今の会社で食いっぱぐれても、つまり、解雇されても、何とかなるだろうという考えだ。

また、日本が「緩やかに衰退している」老人国家であるのに対して、新興国である向こうは「急激に成長している」若者国家であり、刺激があり生き生きしていると感じる。

子供にとっても、語学や刺激の面で好ましいという印象も、海外移住のアイデアを後押しした面がある。

海外に移住するのに住宅ローンの残債がある家が気がかり

しかし、一つ、気がかりなことがあるのを思い出した。

現在、私が家族と住んでいる郊外の家は、住宅ローンを組んで購入した一軒家で、まだローンの残債10年以上残っているのだ。

海外に移住するに際して、この(住宅ローンの残債がある家の)問題をどう処理することができるのだろう?

住まない家の住宅ローンの支払いを続けるのは無駄

私は、住宅ローンの支払いに困っているわけではないが、海外への転勤に伴い海外に移住しようと考えているのだから、これから住む予定がない家のために、住宅ローンの支払いを続けるようなことは全く無駄だということがわかる。

だから、この住宅ローンの問題を処理(家を処分)して、余計な負担から解放された上で、海外に転勤、および移住したいと考えている。

しかし、住宅ローンについての私や妻の知識は乏しいので、任意売却競売など、住宅ローン関連の知識を充分に持っている専門家に相談したい。

海外への転勤などで住宅ローンの残債のある家を処分したい場合は『名村法律事務所』

名村法律事務所
住宅ローンの問題は名村法律事務所で無料相談

『名村法律事務所』のサイトで、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この名村法律事務所では、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士が相談に応じている。

それで、海外への転勤海外移住などで住宅ローンの残債のある家を処分したい場合、住宅ローン関連の手続き(任意売却、任意整理など)の必要の有無について、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

住宅ローンを解約して、その分を子供の学費のために使いたい

住宅ローンの支払いが経済的な負担に

小売系企業に勤めている者ですが、わたしは若い時分に結婚し、今は中学生と小学生の子供がいます。

それで、正直、月々の住宅ローンの支払いが、とても経済的な負担になっていると感じます。

今の妻と結婚し、子供ができたとわかってから、住宅ローンを組んで埼玉の家に移り住みました。

しかし、今では、わざわざ住宅ローンで一軒家を購入しないで、賃貸のままでもよかったと後悔しています。

数年後に相当な出費を予定して住宅ローンを組んだことを後悔

2人の子供は、今は義務教育の小中学生ですが、数年後には私立か公立の高校に通うことになるし、仮に私立を選んだ場合、学費のための相当な出費を覚悟しなければなりません。

高校の次には大学の問題がありますし、自分のかわいい子供ですので、できれば大学まで通わせてあげたいという思いがあります。

しかし、実際のところ、私立大学の学費は安くありませんし、また、私には子供が2人います。

子供の学費と住宅ローンの両方を支払い続けるのは無理

一方、現在も住宅ローンのための支払いが毎月続いている状態ですので、子供の学費の支払いと住宅ローンの支払いの、両方の負担に耐えるのは難しいだろうと考えています。

それで、妻と相談したところ「(住宅ローンの解約、任意売却などの方法で)この家を処分して、賃貸マンションに引っ越せばいいじゃない。そうすれば、住宅ローンの負担から解放されて、子供たちの学費が捻出できるんじゃない?」と言われました。

わたしも、その様な形になれば、理想的なんじゃないかと感じます。

住宅ローンを解約して支払いから開放されたい

私たち家族にとっては、月々の住宅ローンの支払いが経済的な負担になっており、また、「家」よりも「子供たちの学業」の方が大事だと感じています。

ですので、任意売却などの手続きをすることによって住宅ローンを解約し、上手く肩の荷を降ろすことができるのか、「住宅ローンの支払い」から解放されて、その分を「子供たちの学費」のために使えるようになるのかどうかが、もっとも知りたい部分です。

それで、私や妻には充分な知識がありませんので、住宅ローンの解約や任意売却、任意整理などの知識を持っている専門家に相談できたら幸いだと考えています。

住宅ローンを解約したい場合は『名村法律事務所』

名村法律事務所
住宅ローンの問題は名村法律事務所で無料相談

『名村法律事務所』のサイトでは、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この名村法律事務所では、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士が相談に応じている。

それで、子供の学費を捻出したいなどの目的で住宅ローンの残債がある家を処分したい場合、住宅ローン解約にともなう任意売却、任意整理などの手続きの必要の有無などについて、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

地方に転勤するので住宅ローンを解約したい

地方への転勤が決まったが家の住宅ローンの残債がある

大学卒業後、あるメーカーに勤めてきた者だが、最近、地方にある支社への転勤が決まり、そのこと自体は問題ないのだが、今の住まいをどうするかが悩みになっている。

どういう事かというと、私は今、郊外の家から中央線や地下鉄を乗りついで会社に通勤しているのだが、この郊外の一軒家は、妻との結婚を機会に35年の住宅ローンを組んで購入した家なのだ。

35年の住宅ローンは期間が長すぎると感じる

今思えば、35年の住宅ローンというものは、非常に長い、いや、長すぎるのだと感じる。

事実、もう随分とワイフと一緒に住み、また、現在の会社で働き始めてからも永い年月が経過したように感じるが、実際に計算してみると、まだ20年が経過しているだけだった。

私は、会社によって決定されたことなので、長期間の予定で地方に転勤しなければならない。

それに対して、若い頃に組んだ住宅ローンは、まだ残債が15年間くらいある状態だ。

妻に相談すると「住宅ローンを解約して(家を処分して)、転勤先で一緒に生活できるといいんだけどねえ」と言う。

住宅ローンを解約して今の家を処分して転勤先で新生活をはじめたい

私も、家族を別々に住むと、出費が二重にかかるし、家族との絆も薄れていく恐れがあるので、出来れば転勤先の地方に家族もついてきてもらい、一緒に生活できるなら望ましいと感じる。

しかし、住宅ローン残債が15年間くらいある状態で、うまく住宅ローンを解約して、また、今の家を処分して、転勤先での新生活を家族と一緒に始めることが出来るのだろうか?

私にはこの分野の知識が乏しいので、住宅ローンの解約や任意売却についての豊富な知識がある専門家から助言を頂けたら幸いだ。

転勤などで住宅ローンを解約したい場合は『名村法律事務所』

名村法律事務所
住宅ローン解約の問題は名村法律事務所で無料相談

『名村法律事務所』のサイトでは、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この名村法律事務所では、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士が相談に応じている。

それで、地方への転勤などで住宅ローンの残っている家を処分したい場合、住宅ローンの解約や任意売却、任意整理などの手続きなの必要の有無について、、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

病気で配偶者が亡くなったので住宅ローンの残っている家を処分する

先日、闘病していた配偶者が亡くなった

夫が、長い間、肺ガンに苦しめられてきたのですが、先日、入院先の病院で亡くなりました

それで、夫の葬儀の手配、生活環境の変化などで、バタバタしている状態が続いています。

葬儀のために親や親戚が集まり、様々な話をしてきたのですが、目下のところの最大の悩みは、「いま住んでいる家をどうするか?」です。

いま住んでいる家をどうするか?

私は、若い頃は化粧品会社で働いていましたが、取引先の企業に夫がおり、頻繁に顔を合わせるためによく話をするようになりました。

それで、お互いの趣味や価値観、ものの考え方がよく似ていたので、惹かれ合って、結局は結婚することになったんです。

結婚を機に住宅ローンを組んで購入した郊外の一軒家

それまで、私も夫も、都心部のそれぞれの賃貸マンションに住んでいたのですが、結婚を一つの機会ととらえ、住宅ローンを組んで郊外の一軒家を購入しました。

会社までの通勤に1時間超かかる一軒家ですが、当時は、周囲の環境や室内の印象が良いように感じたんです。

しかし、今では夫が亡くなってしまい、子供もいない私には、現在の家は広すぎると感じます。

現在の家は一人暮らしには広すぎる

実際、一人で生活するには、4DKくらいの間取りがある一軒家は、完全にオーバースペックなんです。

私は、夫が亡くなったことを悲しく感じていますが、加え、夫側からの収入が断たれたことも厳然たる事実ですので、現在は、以前勤めていた化粧品会社の元同僚たちにコンタクトを取って、再就職できないか交渉をしている状態です。

契約社員でも、あるいはパートででも、働いて収入を得なければ生活ができない、というのが実際のところですので。

住宅ローンを解約して家を処分するしか無い

住居については、もう、いま住んでいる一軒家は処分するしかないと考えています。

この家は住宅ローンが組まれていて、多分、残債がまだ20年分くらい残っているので、
うまく家を処分することが出来るのかどうか、私にはわかりません。

住宅ローンの解約って、手続きをすれば出来るものなのでしょうか?

私には住宅ローンについての知識がないので、住宅ローンの解約や任意売却について、専門家からのアドバイスをいただけたら嬉しいです。

配偶者が亡くなり、残債のある家を処分したい場合は『名村法律事務所』

名村法律事務所
住宅ローン滞納の問題は名村法律事務所で無料相談

『名村法律事務所』のサイトでは、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この名村法律事務所では、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士が相談に応じている。

それで、配偶者が亡くなり、一人で生活するなどの理由で住宅ローンの残っている家を処分したい場合、住宅ローンの解約や任意売却、任意整理などの手続きの必要の有無について、、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

35年間もローンの支払いを続けるのが嫌になった

大手スーパーで勤続20年、副店長をしています

ちょっと聞いてくださいよ。

私は、都心部の大手スーパーで働いている者なんですがね・・・

勤続20年で、大きな店舗の副店長をやっております。

就職・結婚して住宅ローンを組んで一軒家を購入

それで、住宅ローンのことなんですが、今のスーパーに就職した際、(当時、恋人関係だった女性と)同時期に結婚もしましたので、同じタイミングで住宅ローンを組んで郊外の一軒家を購入しました。

だから、勤続20年、結婚して20年、住宅ローンを払い続けて20年という案配です。

私の方は、順調に出世して、平の社員から今は副店長になりまして、結婚後に産まれた子供も順調に成長して、今では高校生になります。

子供に大学進学させたいけど学費が問題

それで、せっかくだから子供を大学にまで行かせたいと考えているんですけど、国立ならまだいいけど、私立大学だと学費がかかるでしょ?

高校は公立に通わせているんですがね、何を血迷ったか、医学部に進んで医者になりたいなんて言っているんですよ。

医学部への大学進学だと、益々費用の準備が必要になりますよね?

それに、私たち夫婦も、この頃は生活が落ち着いてきたので、そろそろ、温泉地への国内旅行をしたり、海外旅行をしたいと考えているんですよ。

住宅ローンの支払いがなければ海外旅行に行けるし子供の学費も払える

率直に、月々の住宅ローンの支払いが無くなれば、国内外に旅行に行けるって事がわかったんですよね。

また、子供の大学進学学費の問題についても、医学部は極端な話ですが、もし、あと15年間分の残債が残っている住宅ローンの負担が無くなったなら、何とかなりそうなんです。

妻と話をしてみても、実際に算盤を弾いてみても、そうなる可能性が高いみたいなんですよ。

それで、私と妻の希望としては、住宅ローンを解約したいんです。

残債のある住宅ローンを解約して賃貸住宅に移りたい

住宅ローンの負担から解放されて、浮いた分のお金で、国内の温泉地や海外に旅行に行きたいし、子供を大学まで進学させてやりたいんです。

私たちは、その代償として賃貸住宅に移ってもかまわないと考えているんですが、こういった事(住宅ローンの解約)は可能なんでしょうかね?

私たちには、住宅ローンの知識が乏しいので、住宅ローンの解約や任意売却についての知識を持っている専門家からのアドバイスを頂けたら助かります。

子供の大学進学などで住宅ローンを解約したい場合は『名村法律事務所』

名村法律事務所
住宅ローン解約の問題は名村法律事務所で無料相談

『名村法律事務所』のサイトでは、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この名村法律事務所では、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士が相談に応じている。

それで、子供の大学進学などの理由で住宅ローンの残債のある家を処分したい場合、住宅ローンの解約や任意売却、任意整理などの手続きの必要の有無について、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所

 

相続税が払えないので相続した家を処分したい

父が亡くなったので遺産を相続した

先日、父が亡くなったので、その遺産を相続した

私は一人っ子で、また、母は20年以上前に亡くなっているので、私が父の遺産をすべて相続した形だ。

相続したのは一軒家といくつかの美術品、そして、わずかな現預金

それで、相続した動産と不動産の内容を確認したところ、父と母がまだ若い頃に購入した一軒家と、いくつかの美術品と、わずかな現預金が残っていて、あとは資産価値のないの思い出の品々があることがわかった。

まず、私には美術品の価値はよくわからないが、有名な作者の作品だったので、それは美術オークション会社に連絡し、また、出品の手続きをして、それだけでもひと仕事だった。

一軒家については、私が生まれ育った都心部に位置する、まだ地価が安い時期、父が大枚をはたいて購入した思い出の家だ。

バブル期に家を売れば高く売れたが…

バブル期にこの家を売れば高く売れたと思うが、その頃は母も生きていたので、両親からすれば、家を売ろうとなんか、考えもしなかっただろうと思う。

今では地価が下落したが、それでも都心部だから、この土地の価値はかなりあるのだろうと考えていたら、やはり、相当の金額になるということを、相続税の請求書が届いて知った。

相続税の請求書の金額を見てめん玉が出るほど驚いた

正直、めん玉が飛び出るような金額が、相続税の請求書に記載されていて驚愕した。

私はサラリーマンだが、その月々の給料と比較すると、時代の移り変わりを実感せざるを得ない。それほど、非対照的であり、また、現実離れした金額が記載されていたのである。

一方、親父はわずかな現金と預金しか残してくれなかったという経緯がある。

金銭的な余裕がないので相続税の納付ができない

加えて、私自身、それほど懐具体に余裕があるわけではないので、自然と、このままでは相続税の納付が出来ないことに気づいた。

すると、父の残した一軒家、つまり、都心部にある思い出の不動産を、相続税を納めるために処分し、現金に換えなければならないことがわかる。

相続税を払うために思い出の一軒家を処分したい

しかし、どうやって、うまく不動産を処分して相続税を納付することが出来るのだろう?

私には、この分野についての充分な知識がないので不安な気持ちになっている。

それで、相続税を滞納しないための不動産の処分任意売却について、豊富な知識を持っている専門家からの助言を頂けたら幸いだ。

相続税を滞納しないために相続した家を処分したい場合は『名村法律事務所』

名村法律事務所
住宅ローンの問題は名村法律事務所で無料相談

『名村法律事務所』のサイトでは、自分の借金額や借り入れ状況に適した、任意整理、任意売却、自己破産、民事再生などについてのアドバイスを名前・住所不要、かつ無料で受けられる。

また、この名村法律事務所では、メール・電話で、キャリア25年以上と相談実績豊富な弁護士が相談に応じている。

それで、相続税を滞納しないために相続した家を処分したい場合、任意売却・任意整理などの手続きの必要の有無について、秘密厳守無料で相談することができるので、住宅ローン滞納などの債務問題で悩んでいる場合、おすすめできる相談窓口だといえる。

 住宅ローン滞納、任意売却、任意整理等の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

名村法律事務所


このエントリーをはてなブックマークに追加